ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

シニア犬のためのドッグフード選びのポイントをすべて公開

シニア犬の画像
犬も人間と同じように老化していきます。

7 歳を超えるとシニア犬と呼ばれるようになり、運動量が減ってきたり、足が弱くなってきたりと目に見える老化現象が始まってきます。

食欲に関しても、ついこの間まではバクバク食べていたドッグフードを急に食べなくなったりと、飼い主さんにとって心配することが多くなってくることでしょう。

しかし、食欲が減ってきたからといってフードの量を極端に減らしたり、逆に過剰に与えすぎると、栄養失調やカロリー過多で栄養バランスが崩れてしまいますよね。

シニア犬だからこそ栄養管理をしっかりとおこなって、年齢にあった栄養と給餌量を正しく与えることが大切です。

そこで今回は、シニア犬にはどんなドッグフードがいいのか? シニア犬に必要な栄養素とは? シニア犬のドッグフードを選ぶときの注意点などを解説していきます。

シニア犬にはどんなドッグフードがいいの?

パソコンを見る犬の画像
まず最初に、シニア犬にはどんなドッグフードがいいのかということですが、老化とともに基礎代謝が落ちるのはワンちゃんも人間も同じです。

基礎代謝が落ちるということは、ドッグフードから摂取したカロリーをうまく消費することができないので、肥満につながってしまいますよね。

また、シニア犬になると当然運動量も減ってくるため、成犬時と比べてエネルギー要求量が約 20 %も低下するといわれています。

エネルギー要求量とは、ワンちゃんが健康で元気に生きていくために必要なエネルギー量のことで、ドッグフードの栄養価や食べる量とほぼ比例します。

つまり、シニア犬に食べさせるドッグフードというのは、基礎代謝やエネルギー要求量の低下の関係でカロリーが控えめなドッグフードを与えるのがよいということですね。

そして、もうひとつ気にしないといけないことは、シニア犬の消化機能、内臓機能、腎臓機能のことです。

老化にともなって、消化機能、内臓機能、腎臓機能も弱ってくるため、なるべく負担がかからないドッグフードを選ぶことがポイントとなってきます。

特に、内臓や腎臓機能は、たんぱく質を摂りすぎることで負担がかかってしまうので、低たんぱく質のドッグフードを与えたほうがよいといわれていますね。

しかし、このたんぱく質に関しては賛否両論わかれていて「負担がかかるから低たんぱく質のドッグフードのほうがいい」という意見と、「シニア犬は成犬よりもたんぱく質が 2 倍必要だ」という意見があります。

もちろん、どちらの考えも間違っておらず、犬にとってたんぱく質というのは年齢に関係なく必要な栄養素なので、シニア犬のドッグフード選びの大事な指標になります。

ただ、この 2 つの意見の要点だけをまとめると、「負担がかからないように少ない量でも十分なたんぱく質を摂取できるドッグフードがいい」ということになります。

上記にも書いたように、シニア犬になると基礎代謝が落ちることは確かです。なので、当然食べる量も減ってきますが、少ない量でも十分な栄養を補給できれば、内臓や腎臓に負担をかけずに健康維持ができるということです。

結局、話をまとめると、シニア犬に与えるドッグフードは「低カロリー」「良質な食材」の 2 点を満たすドッグフードが 1 番最適といえるでしょう。

シニア犬に絶対必要なドッグフードの栄養素

野菜の画像
シニア犬に食べさせるドッグフードはどんなものがいいのかを紹介しましたが、絶対に欠けてはいけない栄養素というのも知っておきましょう。

シニア犬に必要なドッグフードの栄養素

  • 動物性たんぱく質
  • オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸
  • ビタミン
  • 食物繊維(野菜類)
  • グルコサミン・コンドロイチン(できれば)

これらの栄養素が、シニア犬には特に重要です。

動物性たんぱく質

たんぱく質については上記でも触れていますが、含有量よりも、どんな食材が使われているかが大事になってきます。

同じ動物性たんぱく質でも、ミールやパウダーなどの副産物が使われたドッグフードよりも、新鮮な生肉が使用されているドッグフードのほうが良質なたんぱく質を摂り入れることができますよね。

内臓や腎臓に負担をかけないためにも、少量でも十分なたんぱく質が補給できるように、新鮮なお肉が入っているドッグフードを選ぶようにしましょう。

オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸

動物性たんぱく質と同じぐらいシニア犬に必要といわれているのが、青魚などに含まれているオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸はワンちゃんの体内では作り出すことができない必須脂肪酸として知られていますが、きちんと摂り入れることで、シニア犬によくある被毛のボサつきや、乾燥肌を改善することができます

また、血液をさらさらにしてくれる働きも期待できるため、内臓や腎臓に送られる血流がよくなり、腎不全などの予防にも役立ちます

青魚を摂り入れることで、同時にたんぱく質も補給できるので、ぜひシニア犬は摂っておいたほうがいい栄養素ですよ。

ビタミン

ビタミンの中でもシニア犬に特に必要なのは、「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンE」「ビタミンB群」です。

この 4 つのビタミンに共通していることは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるということと、抗酸化作用があるという 2 点ですね。

人間でもビタミンは、肌の健康に役立つ栄養素として知られていますが、ワンちゃんも一緒で、特にシニア犬は皮膚の乾燥が原因で、被毛の乱れにつながりやすくなります。

ビタミンを積極的に摂り入れることで、被毛の乱れを整えることができ、美しい毛づやを取り戻すことができるので、ビタミンが豊富なドッグフードを選ぶのがよいでしょう。

食物繊維

食物繊維は、おなかの調子を整えて、お通じを改善してくれる効果が期待できますが、シニア犬になると胃腸の働きの低下によって老廃物が溜まりやすくなります。

老廃物が溜まることで、胃腸炎を引き起こしたり、体臭や口臭がきつくなったりします

プレミアムフードなどには、繊維質の野菜が豊富に入っていますので、老廃物をからめとって便として排出してくれる期待がもてますし、ヘルシーというところがシニア犬にはおすすめです。

シニア犬のドッグフードを選ぶときは、原材料に野菜が使われているかを確認するのも大事なポイントといえるでしょう。

グルコサミン・コンドロイチン

グルコサミン、コンドロイチンは関節サポートに有効な成分です。

シニア犬になると、どうしても足の関節が弱ってくるので、自分で立ち上がる力がなくなったり、階段の昇り降りができなくなったりしますが、グルコサミンやコンドロイチンを摂り入れることで、関節の動きをつかさどっている軟骨を生成してくれるので、関節強化に役立ちます

一般的に、シニア犬用といわれているドッグフードには配合されていることが多いですが、もし入っていない場合は、犬用のサプリなどで補うといいでしょう。

基本的にこれらの栄養素は、総合栄養食のドッグフードには配合されているので、特別意識する必要はありませんが、シニア犬を元気で健康に育てるためには不足しないように気をつけておきましょう。

シニア犬のドッグフードを選ぶときの注意点

犬の人形
シニア犬に必要な栄養素がわかったと思いますが、もちろん注意点もあります。

老化にともなって、消化器官、内臓機能、腎臓機能が低下することは書きましたが、それにより栄養素の分解や消化吸収がうまくできない場合もあります。

そのため、過剰なミネラルの摂取には注意が必要です。

ドッグフードのミネラルは、主に「灰分」として成分分析値に書かれていることが多いですが、ミネラルを摂りすぎると「心疾患」「腎疾患」が起こる可能性があります。

特にミネラルの中でも「ナトリウム(塩分)」の摂りすぎは、高血圧や脳卒中の危険性もあり、内臓機能が低下しているシニア犬にとってもっとも体の負担となる成分なので、なるべく灰分の成分値が少ないドッグフードを選ぶのがよいでしょう。

また、シニア犬に限らずよくいわれていることですが、穀類や人工添加物が使用されているドッグフードも避けたほうがいいでしょう

単純に、穀類や人工添加物を摂り入れることで、消化不良やアレルギー発症のリスクが上がってしまうのもそうですが、老化の影響で消化能力が下がっているので、無添加でグレインフリーのドッグフードを食べさせることをおすすめします

シニア犬におすすめなドッグフード

ピッコロドッグフードの画像
それでは最後に、シニア犬におすすめなドッグフードを紹介したいと思います。

当サイトで紹介している中でシニア犬におすすめしたいドッグフードはズバリ「ピッコロ」です。

なんとも覚えやすい名前ですが、このピッコロはまさに 7 歳からのシニア犬用に作られたドッグフードで、脂質はわずか 15 %、カロリーは 100 gあたり 355 kcalと低脂肪、低カロリーを実現しています

また、上記にも書いた、シニア犬に絶対必要な栄養素である「動物性たんぱく質」「オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸」「食物繊維」「グルコサミン・コンドロイチン」の配合をすべて満たしていて、さらにグレインフリー、人工添加物不使用と文句のつけどころがないプレミアムフードです。

スーパーやホームセンターで販売されている市販のドッグフードにもシニア犬用は存在しますが、ピッコロよりスペックがいいドッグフードはなかなか見かけませんので、ぜひシニア犬のために、ピッコロを購入してみてはいかがでしょうか。

ピッコロの品質を詳しくみる >>

合わせて読みたいドッグフード関連記事

Facebookも見てね