ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

カナガン

商品画像

総合評価

(4.3/5)
添加物不使用
穀類の安全度
ヒューマングレード
肥満予防
アレルギー予防
カナガンを詳しく見る >>

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い「カナガン」。

愛犬家の間でもプレミアムフードと言えばこの「カナガン」という認識をもっている人も多いと思います。

ドッグフードの色々なランキングサイトでもカナガンは1位に輝いていて、使用されている原材料や安全性、愛犬に必要な栄養素など、どれをとっても納得できる作りになっています。

しかし、どのサイトでも評価が良すぎるために「ステマ疑惑」「本当に良いフードなのか信頼できない」といった声もちらほらあるようですね。

そこで、カナガンは本当に品質が良いのか?なぜ安全性が高いと言い切れるか?など、さまざまな疑問を解決していきたいと思います。

カナガンの特徴

まずカナガンは、動物性原材料が全体の60%を占めているというところが一番の特徴です。

犬にとって最も重要な栄養素は「タンパク質」ですが、その供給源となるのものがこの動物性原材料なんですね。

一般的にドッグフードに含まれているたんぱく質は肉や魚類から摂取することができますが、ただタンパク質が含まれていれば良いというわけではなく「良質なタンパク質」を与えることが、犬の体の生成と健康維持に大切です。

市販の安価なドッグフードにはこの肉類に「チキンミール」や「チキンパウダー」などの副産物が使われていることが多く、良質とは言い難い原材料が使われています。

しかし、このカナガンはメインの肉類に「骨抜きチキン生肉」「乾燥チキン」など新鮮な生肉を使用しているため、良質なたんぱく質を十分に摂取することができ、肉食動物である犬の体の特徴をきちんと考えて作られたドッグフードと言えます。

実際、カナガンの成分値を見てみると粗タンパク質が「33%」と非常に高く、他のプレミアムフードと比較してもタンパク質量が多いことが分かります。

カナガン モグワン アランズ
タンパク質量 33% 28% 20%

「少しタンパク質が多すぎる」と懸念する飼い主さんもいるかもしれませんが、その分カナガンの脂質は17%と低く、まさにドッグフードとして理想の「高たんぱく低カロリー」を実現しているフードなので、腎臓や肝臓に負担をかけることなく安心して食べさせることができます。

カナガンを詳しく見る >>

カナガンの悪評(口コミ)を徹底分析

ホワイトボードを持つ犬の画像
カナガンは人気のドッグフードなので、実際に購入している人や購入を検討している人が多いですが、一番気になることと言えばカナガンの感想や口コミだと思います。

最初にも書いたように、カナガンは色んなランキングサイトで1位に輝いていて知名度の高い商品ですから、良い口コミもあれば悪い口コミもたくさん存在しています

特に、悪い口コミばかりが独り歩きしてせっかくの良いフードなのにカナガンを敬遠してしまっている飼い主さんもいるようです。

そこで、そんな飼い主さんに向けてカナガンの口コミでよく見かける悪評をピックアップして疑問に答えていきますので、ぜひこれを見てカナガン購入の参考にしてみて下さい。

カナガンはニオイがきつい?

カナガンは「グレインフリー」「添加物不使用」のスペックをもっているドッグフードですから、市販のドッグフードのように香料や保存料などで変な加工はされていません。

なので、人間が嗅ぐとチキンとハーブのにおいが気になるという人も多いようです。

しかし、犬と人間では嗅覚が違うため、このにおいが犬にとっては「食欲がそそる香り」と言えます。

実際にカナガンは犬が大好物とも言えるチキンの生肉が使用されているので、食欲アップが望めるフードとして知られていますよね。

また、市販のフードにしてもプレミアムフードにしてもドッグフードというものは犬用に作られているため、人間からしてみれば良いにおいと言えないのは事実です。

つまり「これがドッグフードのにおい」と割り切るしかないということです。

カナガンは太りやすい?

上記にも書いた通り、カナガンはタンパク質量が多いため太りやすいと認識している人も多いようですが、成分分析値を見ると特に脂質量が高いわけでもなく栄養バランスは整っているので太る要因は見当たりません

カナガンを食べて太ったというワンちゃんはドッグフード切り替え時の給餌量に問題があったと考えられます。

カナガンの給餌量に関してはパッケージ横に記載されていますが、いきなりその給餌量を与えてしまうと急激な栄養過多になり肥満の原因に繋がることはあります。

初めてカナガンを食べさせるときは、普段のフードに少しずつ混ぜて段階的に慣れさせていくことが大切です。

また、カナガンは総合栄養食ですから必須栄養素は全て詰まっているので、切り替えが終わった後でも1日の給餌量はきちんと守ってあげることが肥満を予防するポイントです。

カナガンは食い付きが悪い?

もちろんプレミアムフードと言っても、100%完璧なドッグフードというものは世の中に存在しないため、全てのワンちゃんの食いつきが良いかと言えばそうではありません。

ただカナガンは、粗悪なドッグフードのように肉類に副産物や4Dミートは使われておらず、新鮮な生肉がメインで作られているので、市販のドッグフードよりも食いつきアップが期待できるのは確かでしょう。

もともと犬は野生で生きてきた肉食動物ですから、生肉や生魚を好んで食べる習性があり、実際に原材料に生肉を使って作られたドッグフードの方が嗜好性が上がるため、高い食いつき力は望めます。

カナガンのステマ疑惑について

ドッグフードを紹介しているほとんどのサイトでカナガンの評価が高いため「ステマ疑惑」がかけられていますね。

そもそもステマとは「ステルスマーケティング」の略で、消費者に宣伝広告であることを隠して広報活動をおこなうことです。

よく有名人のブログやSNSなどにわざとハッシュタグをつけて、いかにも芸能人がその商品を愛用しているかのように見せかける手法が多いですが、カナガンはそのような手法で商品を紹介していないため「ステマ」にはあたりません

また「カナガンはアフィリエイトサイトが多い」という書き込みもよく見かけますが、良い商品だからこそ多くのサイトで紹介されているということで、正しい情報や信憑性、信頼性の高い情報が発信されているサイトなら別に悪いことではありません。

カナガンを詳しく見る >>

結局カナガンは良いの?悪いの?

カナガンは良いの?悪いの?
カナガンの悪評について回答しましたが、人気のあるドッグフードだからこそ悪評も目立つと捉えることができますね。

結論から言うと、使用されている原材料や栄養バランス、グレインフリー、ヒューマングレード、添加物不使用という観点からカナガンの品質は間違いなく良いと言えます。

また、「毛並みの美しさ」「便秘改善」「腎臓サポート」など犬特有の悩みを解消できるようにサツマイモや海藻、クランベリーやマリーゴールドといった野菜やハーブも含まれているので、総合栄養食として健康維持に最適なドッグフードと言えるでしょう。

カナガンを詳しく見る >>

カナガンの安全性

カナガンの安全性
カナガンはプレミアムフードとしての品質をもっているドッグフードですから、市販商品に比べて安全性は断然高いというのはお分かりだと思いますが、カナガンのどんなところが安全だと言い切れるのか詳しく説明したいと思います。

平飼いチキンのメリット

まず、前述したようにカナガンに使われている肉類は良質な生肉ですが、ただの生肉ではなく原産地のイギリスで高級と言われている「平飼いチキン」が使用されています。

平飼いチキンというのは文字通り「平たい地面のうえで放し飼いの状態で飼育すること」です。

安価なドッグフードに使われているチキン類は主に「ゲージ飼い」と呼ばれている方法で、小さな鶏舎の中で何羽も詰め込まれて飼育されています。

そのため、鶏にストレスがかかり、思う様に運動ができないことから病気にかかりやすくなってしまうんですね。

また、人工的に鶏の肉付きを良くするため、エサにホルモン剤や抗生物質などの薬剤を混ぜて摂取させるので、結局は添加物配合のドッグフードが出来上がってしまうということなんです。

その点カナガンに使用されている平飼いチキンは、広い鶏舎内を自由に走り回ることができるので病気にもかかりにくく、健康な状態を維持することができるので、ホルモン剤などを必要としない体に飼育することができるんですね。

つまり、自然なままで育った鶏肉の栄養がそのままドッグフードに入り、新鮮で良質な安全性の高いドッグフードが出来るというわけなんです。

カナガンの品質テストは2回行われている

カナガンはイギリスのペットフード専門工場「GAペットフード・パートナーズ社」という工場で生産されています。

株式会社レティシアンで扱われているプレミアムフード達を見ているとよく「SAI GLOBALのランクAを取得した工場で生産」という言葉を目にすると思いますが、このGAペットフード・パートナーズ社もSAI GLOBALのランクAを取得している工場です。

SAI GLOBALについてはモグワンのページでも説明しているので詳しい解説は省きますが、国際基準の安全性をクリアした工場でカナガンは製造されているということです。

そして実際の品質管理ですが、原材料に有害物質が含まれていないかをチェックするために製造前と製造後の2回に渡ってテストを行っているようです。

特にカナガンがこだわっているのは製造後のテストで、一度出来上がったドッグフードの粒を3mmまで粉砕「スペクトラム分析」にかけているようですね。

スペクトラム分析とは、

時系列データを周期がシステマティックに決められた三角関数の和に恒等的に置き換え、周期ごとの影響度の強さを分析する手法である。

もとの時系列データの値と、周期および強度(振幅)の集合の間には恒等的な関係があるため、時系列変動の周期性を分析する手法として有用である。

Wikipedia

という分析方法のことで、簡単に言うと、あらかじめ登録されている安全基準のデータを元に製造された品質を照合して異常がないかを確認するというものです。

このスペクトル分析にかけることでもしもカナガンの品質に問題があった場合、即座に検知することができるので、この品質テストにクリアした粒だけしかパッケージングされていないということです。

信頼できる「12ヶ月追跡システム」

カナガンを購入するとパッケージの裏に、

カナガンのパッケージ裏の画像

といった印字がされています。

「BBD 25/08/18」と書かれてある部分は賞味期限となっていて、BBDの後に続く数字が「日/月/年」の順番で表されています。

つまり画像のカナガンの賞味期限は「2018年8月25日」ということです。

しかし、賞味期限の他にも色々と印字されていますね。

実はこれが12ヶ月追跡システムの正体です。

カナガンに使用されている原材料の調達先や生産日などが一袋一袋に割り当てられていて、どの原材料がいつどこから来たのかまで完璧に把握できるようになっています。

しかもこのデータは12ヶ月間保管されているとのことなので、出荷後も品質に問題がないかを追跡して管理しているということです。

ここまで厳しいチェックが行われていると、カナガンに対しての信頼性と安心感はグッと上がりますよね。

カナガンの安全性を知るうえで特徴的な部分を3つ解説しましたが、見る人によっては少し大袈裟に感じるかもしれません。

しかし、ドッグフードというものは大切な愛犬が毎日口にするものですから、徹底した品質管理を行ってくれてないと飼い主さんからしてみれば安心してドッグフードを食べさせることができませんよね。

カナガンは一袋作るためにこれだけのこだわりをもって作られているので、カナガンの安全性はかなり高いことが分かると思います。

カナガンを詳しく見る >>

カナガンはこんなワンちゃんにおすすめ!

カナガンを食べる犬
カナガンの品質の高さや安全性は分かったと思います。

では、実際にカナガンはどんなワンちゃんにおすすめなのでしょうか?

カナガンは全犬種、全年齢に対応しているドッグフードですから基本的にはどんなワンちゃんにも食べさせることができますが、特におすすめしたいワンちゃんは、

  • 子犬および小型犬
  • 穀物アレルギーをもっているワンちゃん
  • 食後に吐き癖があるワンちゃん
  • 消化が苦手なワンちゃん
  • 痩せぎみなワンちゃん
  • ウンチがゆるいワンちゃん

です。

子犬および小型犬、食後に吐き癖があるワンちゃん、消化が苦手なワンちゃん

プレミアムフードに詳しい愛犬家の方ならご存知だと思いますが、カナガンはかなり小粒にできています。直径約8mmの大きさなので、噛み砕きやすく子犬や小型犬におすすめです。

「小さすぎて丸飲みしないか心配・・・」という飼い主さんもいるかもしれませんが、楕円形で平べったい形になっていて、しかもドーナツのように中心に空洞があるため歯にフィットしやすく、他の小粒のドッグフードよりも丸飲みしてしまう心配は少ないと言えます。

また、成長途中である小型犬は関節の形成が未発達なため、関節の生成を助ける成分が入ったドッグフードを与えることが望ましいですが、カナガンには「グルコサミン」「コンドロイチン」「サーモンオイル」とサポートしてくれる成分がきちんと配合されているので子犬の成長に役立つドッグフードです。

もちろん子犬だけでなく成犬やシニア犬にもおすすめで、小粒ということはそれだけ消化が早いということですから、吐き癖があるワンちゃんにも最適ですよ。

穀物アレルギーをもっているワンちゃん

前述したようにカナガンはグレインフリーのドッグフードなので、犬が消化を苦手としている穀類は一切含まれておらず、穀類アレルギーのワンちゃんにおすすめです。

また、穀類から摂取することができる食物繊維や糖質などの栄養素は、サツマイモやジャガイモ、海藻類などで補われているので必要な栄養が欠ける心配はなく、バランスの良いドッグフードと言えるでしょう。

穀類の他にもアレルギー症状が出やすくなると言われている人工添加物も含まれていませんので、アレルギー対策全般のフードとしても役立てることができますよ。

痩せぎみなワンちゃん

前述したようにカナガンは高タンパクが魅力のドッグフードですから、元気で健康な体を作るのに最適で、特に痩せぎみのワンちゃんにおすすめです。

ただ大きく育てるだけなら脂質の多いドッグフードを食べさせれば良いですが、タンパク質には引き締まった筋肉を作る働きがあるため、愛犬の体を丈夫にしてくれる効果が期待できます。

また、タンパク質には「免疫グロブリン」という抗体を作り出す作用があり、この免疫グロブリンが体内に増えることで外部から侵入してきた細菌やウイルスを排除する助けをしてくれるので、免疫力アップに繋げることができますよ。

ウンチがゆるいワンちゃん

そもそも犬のウンチがゆるい原因は消化不良と言われています。

犬の腸の長さは私達人間のように長くありませんから、短時間で便として排出されます。

つまりフードの水分が十分に吸収されないまま排出されるので、ゆるいウンチになることが考えられています。

カナガンのようなプレミアムフードなら、消化不良を起こしてしまう原材料が含まれていないので、体内での吸収率が良くコロコロウンチが出やすくなります。

また、動物性原材料が多いドッグフードはウンチの量が少なくなることがありますが、これはフードの消化吸収率が上がっている証拠なので心配する必要はありませんよ。

カナガンを詳しく見る >>

カナガンを安く買う方法

カナガンは1袋2kgで3,960円(税抜)と、プレミアムフードとして平均的な価格となっています。

しかし、今までドッグフードをスーパーやホームセンターで購入していた人達からしてみれば「高い・・」と感じる人も多いと思います。

これだけの品質をもっているフードですから、3,000円以上するのは仕方がないことです(むしろこのスペックを3,960円で買えるのは安い)。

ただ、愛犬の健康を真剣に考えて「カナガンを食べさせたい」と思っている愛犬家が多いのも事実なので、少しでも安くカナガンを購入する方法をお教えします。

まず、カナガンの公式サイトへ行くと「通常購入」と「定期コース」の2つの買い方があります。

通常価格なら特に割引はありませんが、定期コースなら1袋から10%OFF、最大で20%OFFの割引が適用されます。

10%OFFということは1袋3,564円で購入できるということですから、1ヶ月で食べきると考えて1日たった118円ということになりますね

ドッグフードが1袋3,000円以上と考えると高いと思うかもしれませんが、1日で換算すると安いということが分かると思います。

犬も人間と同様に必要な栄養は毎日の食事から摂取する生き物ですので、愛犬と一緒に長生きしていくためにもカナガンはおすすめできるドッグフードと言えますよ。

カナガンを詳しく見る >>

カナガンの基本情報

販売元 株式会社レティシアン
容量/価格 2kg / 3960円(税抜)
定期価格 ¥3564(税抜)まとめ買いで最大20%OFF
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
原材料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
成分分析値 粗タンパク質33.00%、脂質17.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.50%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸0.90%、リン1.42%、マグネシウム0.10%、ナトリウム0.24%、カルシウム1.86%、カリウム0.58%、エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal
対応年齢 全犬種、全年齢対応
カナガンを詳しく見る >>

カナガンの口コミ

口コミは 9 件です。

  1. 評判通りです より:

    ネットの評判通り、おいしそうに食べてます。
    カナガンはお肉主体で作られているから、犬の体にはすごく良いんでしょうね。

    Rating: 5
  2. 体に良さそう より:

    着色料とか入ってないからいいですよね。
    以前食べさせてたフードには、駄菓子並みに着色料入ってたんでカナガンは安心できます。
    逆に、一度カナガンを食べさせると、もう前のフードには怖くて戻せないかも・・。

    Rating: 4
  3. 気にしない より:

    カナガンってネットで結構叩かれてますよね。
    ステマって言ってる人達って、実際カナガン食べさせたことあるの?
    飼ってる犬がおいしそうに食べてるなら、別にステマでもいいと思います。

    Rating: 5
  4. 最初だけは食い付き良い より:

    2回程カナガン買ったことがありますが、最初に買ったときは食い付き良くて、2回目はあまり食べなかった。
    飽きる味ってことでしょうか?

    Rating: 3
  5. カナガンファンの太郎 より:

    プレミアムドッグフードと言えば!っていう商品ですよね。
    うちの太郎も、においを嗅いだだけで興奮してます^^;
    おススメですよ☆

    Rating: 5
  6. 品質の高いドッグフード より:

    とても品質の高いドッグフードだと思います。
    が、、高い。。
    我が家は多頭飼いなので、添加物が入っててもいいから安いドッグフードしか与えられません~

    Rating: 3
  7. 匿名 より:

    ヵナカンが良いのは分かりましたが鮭のアレルギーを持っているので鮭オイルが気になるのですが他も色々検索しましたが必ずひとつはアレルギーが入っています。【小麦、七面鳥、鮭、じゃがいも】ですが大丈夫でしょうかコメントよろしくお願いします。

  8. 管理人 より:

    匿名 様 >>
    コメントありがとうございます。
    確かにカナガンにはサーモンオイルが入っており、直接鮭アレルギーと診断されている場合は与えない方が良いかもしれませんね。一度販売会社や、かかりつけの獣医さんに相談されるのが良いと思います。
    「小麦」「七面鳥」「じゃがいも」に関してですが、特に小麦はワンちゃんにとってアレルギーのリスクを上げてしまい消化を苦手としている食材なので、与えない方が安心と言えます。
    ただ、七面鳥には「動物性たんぱく質」、じゃがいもには「食物繊維」や「糖質」など必要な栄養素が含まれているため、その食材のアレルギーと診断されていないなら、少量から与えて様子を見ても良いかもしれません。
    確実にアレルギーが出てしまうようなら、病院に相談して療法食などを食べさせるのが望ましいと思います。

  9. 匿名 より:

    管理人様
    コメントありがとうございました。

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。

※コメントは管理人の承認後反映されますので、お時間がかかる場合がございます。
また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カナガンを詳しく見る >>

当サイトのイチ押しドッグフード

『ドッグフードリサーチャー』がおすすめするイチ押しのドッグフード「UMAKA(美味華)」。

水炊きの名店「博多華味鳥」が作った、まさにヒューマングレードのドッグフードです。

実際に水炊きで食べられている最高級の銘柄鶏をメインに使用し、そのほかの食材も安心・安全な国産素材で作られています。

また、お腹にやさしい「青玄米」や、腸内環境を整えてくれる「ビフィズス菌」「オリゴ糖」も配合されているので、愛犬の健康維持に最高のドッグフードとなっています。

UMAKAはこんなワンちゃんにおすすめ
  • 良質なたんぱく質でしっかり栄養を摂りたいワンちゃん
  • アレルギーケアをしたいワンちゃん
  • 下痢や便秘で悩んでいるワンちゃん
  • ダイエットやデトックスをしたいワンちゃん
  • 健康な足腰を手に入れたいワンちゃん
  • 安心・安全なフードを食べたいワンちゃん

お得に購入するならコチラ >

詳細ページを見る

Facebookも見てね