ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

【保存版】安心、安全なドッグフードの選び方を大公開

ドッグフードの画像
愛犬のドッグフードを選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?

「価格が安い」「口コミなどの評判」「CMでよく見かける」など、色々な選び方があると思います。

しかし、その選び方は本当に愛犬にとって安全なものと言えるでしょうか?

ドッグフードというのは、大切なワンちゃんの毎日のごはんですから、きちんと栄養管理ができて安全性が高いものを選ぶのが一番大事です。

特に価格が安いドッグフードには、消化不良を起こしてしまう素材だったり、発がん性のリスクがある着色料など粗悪な原材料が使用されていることもあるため、健康被害に繋がってしまう危険性もあります。

飼い主として「愛犬に良いドッグフードを与えてあげる」というのも選び方の大切な基準になります。

そこで、安全性が高いドッグフードの選び方は? 必要な栄養素は何なのか? など、絶対に失敗しないドッグフードの選び方をお教えします。

ドッグフード選び方の基本!まずは愛犬に必要な栄養素を知りましょう

ます、ドッグフードの選び方の基本ですが、愛犬が元気で長生きするためには、必須栄養素をバランス良く摂取することが重要です。

人間と同様に犬にも5大栄養素があり、

  • たんぱく質
  • 炭水化物(糖質)
  • 脂質
  • ミネラル
  • ビタミン

をきちんと摂り入れることが大切です。

特に、たんぱく質は犬にとって「毛」「皮膚」「内臓」「血液」「骨」と体のほとんどの組織を形成するのに必要で、エネルギーの源になる大事な栄養素です。

簡単に言ってしまえば、このたんぱく質の特性がどれだけ優れているかが、ドッグフードの選び方のポイントといっても過言ではないでしょう。

また、これらの栄養素がドッグフードに使用されている原材料の「どんな食材で摂り入れることができるのか?」も重要な選び方の基準になります。

例えば、炭水化物を摂り入れるのに、トウモロコシで摂取するのと、さつまいもで摂取するのとでは、アレルギー発症率がまったく違ってきます。

一般的に安全性が高いと言われているドッグフードは「グレインフリー(穀類不使用)」という品質をもっていますが、トウモロコシはまさに穀類に当てはまります。

犬にとって穀類というのは、消化を苦手とする食材で、体内でうまく吸収分解することができないため、アレルギー物質のひとつとされているんですね。

この場合、消化吸収率が早く、必要な栄養もきちんと摂取できるさつまいもの方が安全性が高いことが分かります。

つまり、ドッグフードに使用されている原材料が違うだけで安全性に差が出てくるため、愛犬の栄養管理をするうえで、必要な栄養素と新鮮な原材料を知っておくことが、ドッグフードの選び方には大切だということです。

ミールやエキスなどの副産物配合はNG!

スーパーやホームセンターで売られている市販のドッグフードを見てみると、原材料に「チキンミール」や「ミートミール」という記載があるのが分かると思います。

ミールというのは「副産物」と呼ばれるもので、動物のさまざまな部位を混ぜ合わせて粉末状にしたもののことを言います。

これだけなら特に危険性はないのですが、ドッグフードに使用されているミール系には動物の「クチバシ」「羽」「骨」「内臓」「毛」「糞尿」など、本来なら捨てられるはずの部位を使用している可能性があるため、安全だとは言い切れない商品が存在しているんです。

このような食用ではない肉をドッグフードに使用する背景には、価格が安くて製造できるという犬の健康のことをまったく考えられていない理由があるんです。

愛犬に栄養を与えるためのドッグフードのはずなのに、こんな粗悪な原料が使われていると思うと恐ろしいですよね。

それに対して、ドッグフードの中でもプレミアムフードと言われている商品は、肉類に「骨抜きチキン生肉」や「乾燥チキン」「サーモン」など、食材をそのまま加工して使用されており、しかも私達人間でも食べることができる品質をもっているので、安全性はかなり高いことが分かります。

愛犬に安心できる食材で、正しく栄養を摂り入れてもらうためにプレミアムフードを与えるという選択肢もありますよ。

【結論】間違いないドッグフードの選び方

ここまでで、愛犬に必要な栄養素と、ドッグフードに含まれる危険な原材料が分かったと思います。

最初にも書いたように、価格の安さだけで選んでしまうと、必須栄養素が欠けてしまったり、危険な原材料が使用されていたりと、健康維持とは程遠いドッグフードを食べさせてしまうことにもなりかねません。

絶対に安全で、栄養価、品質の高いドッグフードの基準は、

  • ヒューマングレード
  • 人工添加物不使用
  • グレインフリー

の3つをクリアしている商品を選ぶのが間違いありません。

ヒューマングレードなら、上記で書いたような副産物が使われている危険性もありませんし、添加物不使用、グレインフリーのものを選ぶことで、アレルギーや発がん性のリスクも低減できます。

確かに価格は、市販で売られているドッグフードよりも割高にはなりますが、大切な愛犬とずっと一緒に生きていくために、ぜひ品質の高いドッグフードを食べさせてあげましょう。

合わせて読みたいドッグフード関連記事

Facebookも見てね