ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

グレインフリーのドッグフードランキング

犬は本来肉食動物です

野生で生きていく中で、狩りをして動物の生肉を主に食べてきました。

人間がペットとして飼うようになってから、ドッグフードの影響で雑食寄りになってきたと言われていますが、犬の腸の長さや歯の構造上、穀類を上手く噛み砕いたり、消化できるような作りにはなっていないのが現実です。

つまり、穀類を過剰に食べ過ぎると消化不良が起こり、食物アレルギーのリスクを高めてしまうという危険性があるんです。

安価な市販のドッグフードには、穀類でかさ増しされている商品がたくさん売られていて、犬の健康を本当に考えているのか?と疑うようなドッグフードが出回っています。

飼い主として愛犬の栄養管理をきちんとおこない、毎日のごはんで健康をサポートしたいのなら、断然グレインフリーのドッグフードがおすすめです。

そこで、数あるドッグフードの中でも、グレインフリーの商品に着目して安全性の高いフードを紹介していきます。

モグワン

商品画像

穀類の安全度 (4.5/5)
容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンはグレインフリーのドッグフードとして有名な商品ですね。

プレミアムフードとしての品質をもっているので穀物アレルギーの心配はないと言って良いでしょう。

そもそも穀類は犬にとってアレルギー物質とされている食物ですが、糖や食物繊維を摂り入れることができるというメリットがあるのは確かです。

グレインフリーにすることでこれらの栄養素が不足してしまうと懸念する愛犬家もいるかもしれませんが、モグワンはその糖と食物繊維を補うために「サツマイモ」や「豆類」を使用しています

サツマイモも豆類も一般的には穀類と思われがちですが、ドッグフードにおいての穀類というのは「米」や「小麦粉」「トウモロコシ」「玄米」などのことを言い、サツマイモや豆類は犬にとっての消化不良の食材としては当てはまりません。

そもそもモグワンは開発段階で、現地イギリスのドッグフード生産工場の専門家と綿密な打ち合わせを重ね、原材料の選定から粒の固さまで計算されて作られているので、消化不良が起こる危険性は極めて少ないドッグフードです。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

カナガン

商品画像

穀類の安全度 (4.5/5)
容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全年齢、全犬種対応

カナガンもモグワン同様にグレインフリーのドッグフードとして有名で、プレミアムフードとして一番と言っていい程知名度の高い商品ですね。

カナガンも糖や食物繊維をサツマイモやジャガイモで補っていますし、犬にとってベストとも言える動物性原材料を60%も使用して作られているので、消化不良の心配は少ないと言えるでしょう。

また、粒の大きさも約8mmと小粒なので、体内での消化吸収の早さも期待できます。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

ナチュロル

商品画像

穀類の安全度 (4.3/5)
容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ナチュロルはプレミアムフードの中でも「最高級」を謳っている商品で、グレインフリーのみならず「グルテンフリー」も満たしているドッグフードです。

グレインフリーは穀類そのものが不使用なのに対して、グルテンとは「小麦」「ライ麦」「大麦」などの穀類の表皮の中にある、胚芽と胚乳の部分から生成されるたんぱく質のことを言います。

このグルテンはグレインと同様に、アレルギー体質のワンちゃんにはリスクの高い食物とされているので、より安全性の高いドッグフードを探している飼い主さんは、このグルテンフリーも満たしているナチュロルがおすすめと言えるでしょう。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

ピッコロ

商品画像

穀類の安全度 (4.2/5)
容量/価格 1.5kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、7歳~(シニア犬用)

ピッコロは、プレミアムフードの品質をもっている「シニア犬用」のドッグフードです。

シニア犬というのは、若い頃に比べて運動量が減り、基礎代謝が低下してきます。また、消化器官の働きも鈍くなってくるので消化吸収の良いドッグフードを食べさせることが大事です。

ピッコロはそんなシニア犬の体のことを考えて、脂質やカロリーを抑えめに作られており、もちろんグレインフリーのスペックも満たしています

メイン原材料はチキンですが、骨抜き生サーモンも配合されていて、お肉とお魚の両方を摂り入れることができるメリットがあるので、シニア犬を元気で健康に長生きさせるためには、最適なドッグフードと言えるでしょう。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

ネルソンズ

商品画像

穀類の安全度 (4.2/5)
容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、生後7ヶ月~7歳

ネルソンズは、開発者自身が愛犬家で、イギリスのトップブリーダーとして有名な人ですから、愛犬の健康を気遣いグレインフリーの商品として安心できるドッグフードです。

公式サイトにネルソンズの開発秘話が掲載されているのですが、犬が穀類を消化することが得意ではなく体に負担がかかってしまうということをちゃんと理解してフードを作っているという話が載っています。

穀類を排除することで肉の含有量を高めることができるといった、犬が必要としている栄養素をきちんと考えて作られているのが分かる商品なので、ネルソンズは毎日のごはんとして安心して食べさせることのできるドッグフードです。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

馬肉自然づくり

商品画像

穀類の安全度 (4/5)
容量/価格 1kg / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 馬肉
対応年齢 成犬~シニア犬用

馬肉自然づくりはグレインフリーではありませんが、その品質の高さから7位にランクインしています。

グレインフリーではないと言っても使用されているのは、穀類の中で消化が早い「玄米」「大麦」「黒米」なので消化不良を起こす心配は極めて低いと言えます。

また、馬肉をメインで使っていることから高たんぱく低脂肪、低カロリーなので、消化吸収が良いというメリットがあり、体内に摂り入れた穀類も一緒に消化してくれるので、アレルギーの心配もありません。

人間と同様に、犬にとっても適度な穀類は、糖質や食物繊維を摂取できるという良さもありますので、しっかりと栄養管理ができるドッグフードとして人気を集めていますよ。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

アカナ

商品画像

穀類の安全度 (4/5)
容量/価格 340g / ¥1,188(税込)
原産国 カナダ
メイン食材 鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

アカナと言えば、高品質なナチュラルフードとして人気の高いドッグフードです。

最高級ドッグフードとして知られている「オリジン」と兄弟ブランドにあたり、アカナの品質もかなり高いフードと言えます。

アカナ自体は特にグレインフリーにこだわっているわけはないようですが、もちろんグレインフリーの商品も取り扱っていて、愛犬の体調や体質に合わせて商品を選ぶことができるのもポイントのひとつです。

使われている原材料もヒューマングレードを満たしているので、穀物アレルギーや消化不良の心配がないドッグフードと言えます。

公式サイトはコチラ >

詳細ページを見る

総合ランキングバナー

ドッグフード一覧の画像

Facebookも見てね