ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

ドッグフードリサーチャーについて

ドッグフードリサーチャーについて

「ドッグフードリサーチャー」へようこそ!当サイトは、大好きな家族の一員である愛犬のために「栄養価の高さ」「安全な原材料」を基準に、オススメのドッグフードをランキング形式で紹介しているサイトです。

現在では、ドッグフードと言っても様々な種類があり、いろいろな原材料を使ったドッグフードが販売されています。

その中からあなたの愛犬にピッタリなドッグフードを見つけ出すのはなかなか難しいですよね?

最近は、インターネットサイトでもたくさんのドッグフードが紹介されていますし、実際に通販でドッグフードを購入するという人も多いと思います。

しかし、そんな便利な世の中でもドッグフードの間違った情報やデタラメな情報を発信しているサイトは数多く存在していて、実際に購入したものの「ワンちゃんの食い付きが悪い」「ドッグフードに添加物が入っていた」などの後悔をしている人も少なくありません。

そこでこの「ドッグフードリサーチャー」では、犬のタイプに合わせたドッグフードや、無添加で安全性の高いドッグフードを、独自でリサーチし豊富に紹介していますので、愛犬にピッタリなドッグフードを見つけることができます。

大切なワンちゃんの健康維持、そして一緒に長生きしていくために、ぜひドッグフード選びの参考にしてみて下さい。

安全なドッグフードってどんなもの?

ドッグフードを食べる犬の画像

愛犬家の皆さんはドッグフードを購入する際、どのような基準で選んでいるでしょうか?

「価格が安いもの」「添加物が入っていないもの」「CMで見たことあるもの」など、さまざまな視点でドッグフードを購入していると思います。

どんな選び方でも愛犬に元気で長生きして欲しいと考えるのはみんな一緒ですよね。

犬も我々人間と同じように、食事(ドッグフード)から栄養を摂り入れるため、愛犬の健康維持には品質が高く安全なドッグフードを与えることが一番大切です。

スーパーやホームセンターで売られている安価なドッグフードには原材料に粗悪な肉が使用されていたり、着色料や酸化防止剤などの人工添加物が含まれているものがたくさんあるため、アレルギーの発症発がん性のリスクなど健康被害が起こる危険性が考えられます。

家族の一員である愛犬に、良いドッグフードを与えてあげられるのは飼い主である「あなただけ」です。

そこで、安全なドッグフードとはどういうものなのかぜひ知っておきましょう。

安全なドッグフードの定義
  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用

この3点がとても重要です。

ヒューマングレード

ヒューマングレードとは、その名の通り「人間でも食べることができるレベル」で作られたドッグフードです。

犬にとって一番重要な栄養素は肉類から摂取できる動物性たんぱく質ですが、安価なドッグフードに使用されている「チキンミール」や「ミートミール」といった副産物ではなく、「骨抜きチキン生肉」や「乾燥チキン」といった素材そのものをドッグフードに配合しているところがポイントです。

素材そのものを使っているということは、副産物などよりも良質な動物性たんぱく質が豊富に含まれているということですから、愛犬の栄養管理がしっかりとできます。

また、人間が食べられるほどのグレードというのは、飼い主にとって安心感もありますし、摂取できる栄養価も高いことが分かりますので、安全なドッグフード選びの大事な指標になりますよ。

グレインフリー

グレインフリーというのは、米や麦、トウモロコシなどといった穀類を使用していないドッグフードのことを言います。

犬はもともと肉食動物なので穀類の消化を苦手としていて、歯の構造上穀類を上手くすり潰せるようにはできていないんですね。

また、人間とは違って体内の消化器官も短いため、穀類がそのまま胃の中に入り消化不良を起こしやすくなります。

これにより、穀類が胃腸にどんどん蓄積されて、食物アレルギーを発症してしまう危険性もあるんです。

もちろん穀類には食物繊維や糖質が含まれているので、栄養バランスのためには必要と考える人もいると思いますが、食物繊維や糖質はサツマイモやジャガイモ、かぼちゃなどの根菜類からも摂取することができるので、わざわざアレルギーのリスクが高い穀類から摂取する必要はないんです。

実際に、プレミアムフードでは穀類ではなくサツマイモやジャガイモが使用されているので、その安全性が評価されています。

さらに、獣医さんの間では犬の食物アレルギーの原因は約9割がドッグフードによるものとも言われているので、愛犬の消化吸収とアレルギー予防を考えるなら、断然グレインフリーのドッグフードが安全です。

人工添加物不使用

これに関しては、犬でも人間でも無添加の方が良いに決まっていますよね。

ドッグフードによく使用されている添加物には「着色料」や「酸化防止剤」がありますが、特に着色料の「赤色102号」「青色2号」などは、発がん性のリスクがある添加物で、海外では使用禁止されているほど危険なものなんです。

また、ドッグフードの酸化防止剤には「BHA」「BHT」というものが含まれていますが、これは合成型と言われる石油から精製された防止剤なんです。

車のエンジンオイルなどにも使われている酸化防止剤なので、犬が食べるドッグフードに使用するなんて危険すぎますよね。

ドッグフードというのは、愛犬にとって毎日食べるごはんですから、少しでも品質が高いドッグフードをあげることがとても大切です。

愛犬の健康を気遣って一緒に長生きしていくためにも、ぜひ安全なドッグフード選びの参考にしてみて下さい。

犬に必要な栄養素

食材を眺める犬の画像

安全なドッグフードがどういうものか分かったと思いますが、では犬にとって必要な栄養素は何でしょうか?

先程も書いた通り、犬は本来肉食動物ですから、雑食である私達人間とは違って必須栄養素やエネルギー源が異なる部分があります。

飼い主として愛犬の栄養管理がしっかりとできるように、ドッグフードに配合された必須栄養素をきちんと知っておきましょう。

たんぱく質

たんぱく質は犬にとって、人間の4倍以上も必要と言われるほど大切な栄養素です。

犬の「毛」「皮膚」「内臓」「血液」「骨」など体のほとんどを構成していて、絶対になくてはならないものなんですね。

たんぱく質には「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」の2種類がありますが、肉や魚に多く含まれている動物性たんぱく質の方が重要で、免疫機能やホルモンの生成にも欠かせない栄養素なので、意識して肉類を食べさせるようにしましょう。

とは言っても、一般的に日頃あげているドッグフード(ドライフード)はほとんどが「総合栄養食」の部類に入っていますから、ドッグフードの1日の給餌量を守って食べさせていれば特にプラスしてあげる必要はありません。

しかし注意して欲しいのは、ドッグフードに配合されているたんぱく質の「質」です。

安価で売られている市販のドッグフードには、肉や魚類に食用ではない副産物を使用している可能性があり良質なたんぱく質ではないことがほとんどです。

犬にとって一番大事な栄養素ですから、新鮮な肉類が使われた質の良いたんぱく質を与えることが重要なため、愛犬の健康を考えるなら、生肉が使われたドッグフード(プレミアムドッグフード、ナチュラルドッグフード等) を食べさせることが好ましいでしょう。

脂質

脂質は摂りすぎると肥満に繋がってしまうというイメージがありますが、きちん摂取しておかないといけない栄養素ですね。

脂質は脳や筋肉にエネルギーを送り込むのに必要なもので、体温の保持や細胞膜を生成する働きもあるので、たんぱく質と同様に大切な栄養素になります。

何よりも一番の活動源になり、たんぱく質や糖質よりも先にエネルギーとして供給してくれる働きがあるので、愛犬を元気に育てるために欠かすことはできません。

脂質もたんぱく質同様に良質な油が使用されているドッグフードを与えることが望ましいですが、ドッグフードのほとんどは「動物性脂肪」「植物性脂肪」といった何の肉?何の植物?何の魚?というような不明点が多い油が使用されています。

一番望ましいのはドッグフードの原材料を見たときに「鶏脂肪」や「サーモンオイル」「キャノーラオイル」「ニシン油」など、きちんと何の油が使われているか分かるものが良く、人間も摂り入れている脂肪分と同じなので安心感が持てます。

また、品質の高いドッグフードには「ココナッツオイル」などの高品質な脂肪分が使われたドッグフードもありますので、原材料を確認することも大切です。

ダイエットや肥満を気にしすぎて脂質が欠乏すると、被毛の艶が悪くなったり、皮膚の乾燥に繋がることもあるので、重要な役割をもっている栄養素のひとつです。

ミネラル

ミネラルと言えば、「リン」「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」などがありますが、神経や筋肉を活発にするのに有効で、骨や歯の形成にも必要な成分です。

特に、カルシウムは人間の約14倍の量が犬には必要と言われていて、犬の一番の特徴である「牙(歯)」を育てるのに欠かせない栄養素です。

カルシウムで歯を丈夫に育てるということは、犬が餌を噛み砕くという食育にも繋がることなのでドッグフードを選ぶとき、肉類に加えてこのカルシウム量が多いものを選ぶというのも、重要です。

ただ、このミネラルというのはとてもバランスが重要な栄養素と言われており、ひとつのミネラルを多く摂りすぎると他の吸収率を下げてしまうというデメリットをもっています。

カルシウムはもちろん重要ですが、カルシウムだけが多いものではなくリンやマグネシウム量も多いものを選ぶというのが上手いドッグフードの選び方と言えます。

また、ほとんどのドッグフードにはパッケージ裏に成分分析値が書かれていますが「灰分」というのがミネラル類にあたります。

ドッグフードによってはリンやマグネシウム、カルシウムの細かな成分値が記載されていないことがあるため、そんなときは灰分の数値を指標にドッグフードを選ぶと良いでしょう。

炭水化物

「炭水化物は犬に不必要」といった記事をよく見かけますが、炭水化物の中には「糖質」や「食物繊維」が含まれていて、エネルギーの補給や腸内環境の改善に役立つ栄養素なので、当然犬にも必要です。

しかし、犬の唾液には炭水化物を消化するための「アミラーゼ」という酵素がほとんどないため、炭水化物の過剰摂取には気を付けた方が良いでしょう。

特に炭水化物を穀類から摂取させるようなドッグフードは上記にも書いたように消化不良や食物アレルギーを引き起こす可能性も考えられるため、プレミアムドッグフードのように、サツマイモやカボチャなどから摂取する方が好ましいとされています。

炭水化物は必要な栄養素であるにも関わらず、犬にとっては取り扱いが難しい成分なのでドッグフードに使われている食材は飼い主さんがきちんと気にしてあげましょう。

ビタミン

ビタミン類は人間と同様に、肌の調子を整えたり、風邪の予防に役立つ栄養素です。

特に犬の場合は、免疫機能に関係する白血球の強化や、血管壁を正常に保つのに効果があるとされているので、積極的に摂り入れるのが望ましい言われています。

また、犬の見た目に関係してくる「被毛や毛並みの美しさ」を保つのにも有効な栄養素です。

ビタミンを摂り入れて肌の調子が整うことで、皮膚から伸びている被毛の一本一本まで栄養が行き渡りやすくなるので、理想的な被毛と毛並みを手に入れることができるでしょう。

もちろんドッグフードに野菜やハーブが原料となってビタミン類を摂取することができるので、普通にドッグフードを与えていれば特別摂取量を増やす必要はありませんが、愛犬家の中には犬用のビタミンサプリを利用して、与えている人もいるほどなので、それだけ重要な栄養素だということが分かりますね。

ドッグフードにはこれらの栄養素を全て含んだものを「総合栄養食」という位置づけで販売していて、基本的にはスーパーやホームセンターで売られているドッグフードを食べさせていれば、必須栄養素が欠けることはありません。

しかし、同じ総合栄養食でも「原材料の新鮮さ」や「添加物の有無」で消化吸収率が大きく変わってくることもあるので、安さだけを気にするのではなく、安全性という観点でドッグフードを購入するのが、愛犬が健康で元気に育つポイントになります。

愛犬の体質を考える!ドッグフードタイプ別ランキング

安全なドッグフードや犬に必要な栄養素が分かったところで、当サイトでおすすめしているドッグフードをランキング形式で紹介します。

犬の主食として総合的におすすめできるドッグフードをはじめ、グレインフリーに特化したものや、肥満解消、アレルギー予防におすすめできるもの、また腎臓の弱いワンちゃんのために腎臓サポートに役立つドッグフードなど、愛犬の体質に合わせた商品をタイプ別に紹介しています。

これを見れば、あなたの愛犬にピッタリなドッグフードがきっと見つかりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

総合ランキングのバナー グレインフリーランキングのバナー 肥満解消ランキングのバナー アレルギー予防ランキングのバナー 腎臓サポートランキングのバナー 穀類入りおすすめランキングのバナー

粗悪なドッグフードの危険性

番犬の画像

どんなドッグフードが安全で、犬に必要な栄養素が分かったと思いますが、これを知らずに粗悪なドッグフードを与えていると思わぬ体調不良が起こる危険性もあります。

そもそも、粗悪なドッグフードの定義は「4Dミートが使われている」「ミールやパウダー、エキスなどの副産物が使われている」「人工添加物が使用されている」などが挙げられますが、市販で安価に売られているドッグフードがこれにあたり、どう考えても犬にとって良い物ではありませんよね。

簡単に説明すると、4Dミートとはアメリカでの肉の基準を示したランクのことで、「Dead(死んだ)」「Dying(死にかけの)」「Diseased(病気の)」「Disabled(障害のある)」という4つの「D」を使用した動物の肉のことを言います。

死にかけている動物の肉や、病気をもっている動物の肉を大切な愛犬に食べさせていると考えると、安全面での保障ができませんし、何より新鮮ではないためきちんとした栄養を摂り入れることができるのか分かりませんよね。

また、ミールやパウダー、エキスなどの副産物に関してですが、動物の「羽根」「トサカ」「内臓」「骨」「糞尿」「角」「皮」といった食用ではない部分を粉末状にして使われている可能性があります。

よくドッグフードを選ぶ際に「ミールはよくない」という情報を聞いたことがあると思いますが、原材料にミールと記載されているドッグフードは、動物のどこの部分が使われているのかがハッキリと分からないため、良質ではないとされているからなんです。

プレミアムフードなどに使用されているほとんどの肉類は「生肉」が使用されているので、どちらの方が品質が良いかは一目瞭然ですよね。

では、これらの粗悪な原材料が使われているドッグフードを食べさせ続けているとどうなるのか?

飼っているワンちゃんの体質によっては、

  • 栄養失調の危険性
  • 腎臓病などの危険性
  • 食物アレルギー体質になってしまう
  • 口臭や便臭がキツくなる

などが起こることが考えられます。

犬にとっての一番大事な栄養素はたんぱく質ですが、4Dミートや副産物(ミール)の中には犬の健康をサポートしてくれるほどのたんぱく質やアミノ酸が十分に含まれていない可能性があるため、栄養が足りなくなることが考えられます。

犬は人間とは違い、たんぱく質の消化吸収能力が高いため、たんぱく質が少ないと消化不良の原因に繋がってしまうんです。

消化不良によって長い間食べた物が胃腸に蓄積されることで、腎臓の働きも鈍くなり体に負担がかかってしまうので、結果アレルギー体質になってしまいます。

もちろん、粗悪なドッグフードを食べたら全てのワンちゃんが体調不良を起こすというわけではありませんが、品質の良いフードと比べると危険性は上がってしまうため、愛犬の健康を真剣に考えるのなら良質な原材料が使われているドッグフードを食べさせてあげましょう。

国産と外国産のドッグフードの違い

世界地図の画像

日本では世間一般的に「食材は国産の方が良い」というイメージがありますよね。無農薬や品質改良、養殖の技術が高いため安全性に優れていると言われています。

しかし、ドッグフードにおいては逆です。

今の現状では国産のドッグフードよりも外国産の方が品質も安全性も高いものが多く販売されています。

なぜ外国産の方が良いのかというと、一番の理由として「ドッグフードに対する規制」が大きく違うからなんです。

国産のドッグフードの規制

まずひと言でいうと、ペットフードに関して日本は世界の中でもかなり遅れています。

何よりも日本は「ペット愛護先進国」には認定されておらず、むしろ「後進国」と言われているんです。

その背景には、先程も書いたようにドッグフードにおける規制がきちんと定まっていないからなんですね。

ドッグフードと言うと犬が食べる物だから「食品」と思っている人が多いと思いますが、日本では「雑貨」という分類に入ります。

つまり洗剤やタオル、文具などの日用品と同じということですね。

ドッグフードが食品と認められるためには「食品衛生法」の基準をクリアしないといけませんが、そもそも日本ではこの食品衛生法は「ヒト用」が対象となっているため、ドッグフードは残念ながら当てはまりません

ドッグフードは犬が食べるものですから「飼料」という扱いになり、環境省や農林水産省が管轄しているんですね。

なので、食品衛生法の法律が改正されない限りドッグフードは食品にはならないということなんです。

犬も家族の一員ですから、この現実を知るとなんだか悲しい気持ちになってしまいますね。

また添加物に関しても、海外では使用禁止になっているものが、日本では使用可能だったりと基準がすごく曖昧です。

実際に、ペットフード公正取引協議会や一般社団法人ペットフード協会のサイトを見ても、使用可能な添加物の記載や、原材料のチェック項目などが公開されていないため、世界から見ると製造に関する規制がかなり緩いことが分かります。

外国産のドッグフードの規制

次に外国産のドッグフードの規制についてですが、配合されている成分の分析値が全米飼料検査官協会「AAFCO」という栄養基準に乗っ取って製造されています。

この基準は、総合栄養食として認定されるための基準となっており、各成分が細かい数値で決められています。

日本で販売されている総合栄養食もこのAAFCOの基準を採用しているため、ドッグフードの保証分析値はクリアしているのですが、外国産との違いはクリアするために使われている素材が全く違います。

日本で売られている市販のドッグフードは穀類がメイン、外国産は生肉がメインのものが多いですよね。

知っての通り、穀類は犬にとって消化を苦手とする食材で、アレルギーの原因に繋がる物です。

もちろん外国産のドッグフードにも、ミールや副産物を使用したフードも販売されていますが、「人工添加物は不使用」や「ヒューマングレードのスペックはもっている」など、品質の高いドッグフードを生産している割合は圧倒的に多いため、外国産のドッグフードの方が日本人からも支持されているというわけなんです。

また、着色料においても「赤色3号」や「赤色102号」などは、発がん性のリスクを伴うことからアメリカやドイツなどでは使用が禁止されています。

日本では普通にドッグフードに使用されていますよね。

このことからも、国産よりも外国産の方が規制が厳しいということが分かるはずです。

国産のドッグフードと外国産のドッグフードの規制の違いを解説しましたが、勘違いしてもらいたくないのは、国産のドッグフード全てがダメと言っているわけではありません。

当サイトで紹介している「馬肉自然づくり」や「ナチュロル」などは、国産でありながらもナチュラルフードとしてランキングでも上位にランクインしています。

愛犬に食べさせるドッグフードが国産なのか外国産なのかを確認するのもとても大事ですが、一番重要なのは良質の原材料を「見極める目を持つ」ということです。

ドッグフードの種類

ひと言でドッグフードと言っても「ドライフード」や「ウェットフード」「セミモイストフード」「おやつ」とさまざまな種類が販売されています。

一般的にドッグフードと聞くとカリカリのドライフードを思い浮かべる人も多く、愛犬のごはんとして一番食べられていますね。

食いつきが悪くなると、ドライフードに缶詰などのウェットフードを混ぜて嗜好性を上げたり、ご褒美の時なんかにはおやつをあげたりと、その用途は飼い主さんによって様々です。

何となくドライフードとウェットフードの違いは分かると思いますが、「セミモイストフード?」「おやつって何があるの?」と意外とその定義を知らない人も多くいるようです。

おおまかでもドッグフードの種類と定義を理解しておくことで、愛犬にあげるごはんの幅が広がり、適材適所で対応できるようになって便利です。

そこで、代表的なドッグフードの種類の特徴やメリット、デメリットを解説していきます。

ドライフード

ドッグフードの中で最もポピュラーなフードです。犬の主食として作られている総合栄養食の中でも一番種類が豊富に存在します。

ドライフードの特徴は、何よりも水分量が10%以下で作られているということで、ほとんどが加熱発砲処理をされており固形状のカリカリです。

水分量が少ないことから、開封後でも保存期間が長くコスパに優れているのが魅力でしょう。

様々な原材料を混ぜ合わせて乾燥させることで作られているので、素材の栄養素を凝縮することができ、ドッグフードの中でも一番健康管理がしやすい種類と言えます。

デメリットはほぼありませんが、唯一挙げるなら「水を必ず用意」しておくということです。

ドライフードだけでは、1日に摂取すべき水分量を摂ることができませんので、水は必ず横に準備してあげましょう。

ウェットフード

ウェットフードはその名の通り、水分で柔らかくなったフードです。

主に、水分量が75%程度で作られたフードのことで、缶詰やスープ、ゼリーなどがウェットフードにあたります。

ウェットフードのメリットは、何よりも「嗜好性が高く食いつきが良い」というところで、肉や魚を原料とし素材本来の味や風味が活かされているのが魅力ですね。

愛犬が体調不良や病気などでドライフードの食いつきが悪くなったときに、ウェットフードを混ぜてあげることで食いつきアップを狙うなどの使い方もできます。

また、ウェットフードを食べさせるだけで必要な水分を摂取できるというメリットもあるため、水をあまり飲まないワンちゃんなどにもおすすめですよ。

ただ、デメリットとしては水分量が多いので傷みやすく、価格も高いということです。

品質保持のために殺菌処理はされているので、未開封なら長期間の保存が可能ですが、開封した後は早めに使い切らないと腐敗しやすくなります。

価格もドライフードなら安価なもので2kgが1,000円前後で購入できるのに対し、缶詰などは150gで300~500円するものもありますので、コスパはあまり良くないと言えるでしょう。

セミモイストフード

セミモイストフードという種類を知らないという人もいるかもしれませんが、ドライフードとウェットフードの間の水分でできているフードです。

水分量は約25~35%で、形状はドライフードに似ていますがしっとりと柔らかいのが特徴です。

ドライフードとは違って加熱発砲処理はされずに作られていて、湿潤調整剤を使用することで柔らかさを保持しているため、食べやすいのが魅力のひとつですね。

使用される原材料などは、ドライフードとほとんど同じなため総合栄養食として作られているセミモイストの商品もあり、徐々に人気が上がってきているタイプです。

デメリットは、ドライフードよりも保存期間が短いということで、賞味期限に関わらず早めに食べ切った方がいいでしょう。

おやつ

おやつの正式な位置づけは「間食」とされていて、1日あたりのエネルギー所要量が20%以内とされているフードです。

主食とは違うため、おやつだけでは十分なエネルギー摂取ができないようにできているんですね。

一般的に、しつけのご褒美として与えている家庭も多いと思いますが、ガムやジャーキー、クッキーなどがありますね。

あくまでもおやつなのでデメリットはあまりないですが、おやつだけを食べさせては栄養の偏りが生じてしまうので、きちんと主食と分けて食べさせるようしましょう。

代表的なドッグフードの種類を紹介しましたが、水分量の違いで種類が大きく変わるということが分かったと思います。

愛犬に栄養バランスの良いフードを与えるには、総合栄養食を食べさせることが一番ですが、現在では総合栄養食のほとんどはドライフードとして販売されています。

気分転換やご褒美などで、ウェットフードやおやつを与えるのはいいですが、あくまでも主食はドライフードを食べさせておくことが健康管理には間違いないと言えるでしょう。

ドッグフードと手作りごはんはどっちがいいの?

ドッグフードVS手作りごはん

大切な家族の一員であるワンちゃんに、自分の手作りごはんを食べさせたいと考えている人も多いと思います。

何よりも「手作り食を超える安心と安全はない」と言われるぐらいですし、「愛情を与えることができる」ため私達人間からしてみれば手作りごはんの方が良いと感じますよね。

しかし、本来ドッグフードというものは犬に必要な栄養やバランスを考えて作られているので、健康維持を考えるなら間違いないと言えます。

そして一番はラクだということ。

もちろんドッグフードにしても手作りごはんにしてもどちらも良し悪しがありますので、一概にこっちが良いということはできません。

飼い主さんにとって愛犬の健康を考えることは当然ですからね。

そこで、ドッグフードと手作りごはんそれぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

ドッグフードのメリット、デメリット

一般的に毎日のごはんとして食べさせているドッグフードは「総合栄養食」と言われる種類に入りますが、一般社団法人ペットフード協会では総合栄養食の基準を「ドッグフードと水を与えていれば必要とされる栄養素を摂取できる」と定めています。

つまり総合栄養食にあたるドッグフードを食べさせておけば最低限の健康維持はできるというメリットがあるんですね。

犬と人間では、主食とされている食材も内臓の強さも違いますから、きちんと犬の体の構造を考えて作られているドッグフードの方が良いとも言えるでしょう。

しかしデメリットを挙げるなら、きちんと安全な原材料が使われているか判断してあげる必要があり、発がん性やアレルギーの危険性が考えられる人工添加物が含まれているものがあります

特にスーパーやホームセンターで安く売られている市販のドッグフードは添加物が使われている可能性があり、また犬が消化を苦手としている穀類も大量に配合されているなど、健康被害と隣り合わせというデメリットがありますね。

愛犬をドッグフードで育てたいと考えている飼い主さんは、良質な原材料が使われた添加物不使用のフードを選んであげることが大前提になるということを頭に入れておいた方が良いでしょう。

手作りごはんのメリット、デメリット

手作りごはんの一番のメリットは、人間が食べている食材を与えるわけですから「確実にヒューマングレード」であるということです。

粗悪なドッグフードには肉類にミールやエキスなどの副産物が使われている可能性があるため、手作り食の方が安全面は高いと言えるでしょう。

また、ドッグフードのように加工されていませんから、食材そのままの味を味わうことができるので嗜好性が高くなるというメリットもありますね。

しかし残念ながら手作りごはんの方がデメリットは多いんです。

まず1番に挙げられるのは、栄養が偏りがちになってしまうということが考えられます。

手作りごはんをあげるとき、ごはんやお肉、野菜類などを混ぜ込んで与えることが多いと思いますが、果たしてそれだけで必要な栄養がすべて整っていると言えるでしょうか?

犬が元気で健康に生きていくためには、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラル、糖質、炭水化物などたくさんの栄養素が必要なので、そのことを計算して手作りごはんを作ってあげないと必ず栄養バランスが偏ってしまいます。

きちんと食材が含んでいる栄養素を理解しておかないと、いくらヒューマングレードといっても体調不良の原因に繋がることもありますよ。

2番目は、カロリーオーバーになりやすいということです。

基本的に人間が食べる食材というのは、人間の健康を考えて売られていますから、犬にとってはかなりカロリーが高いんですね。

メリット部分でも書いたように食材をそのまま食べることができるので、犬にとってもおいしいと感じるのは当たり前で、その分食べ過ぎで肥満になってしまうこともありえます。

もし、毎日手作りごはんを与えたいのなら、きちんとカロリー計算もしてあげないといけませんよ。

デメリットの最後は、とにかく手間と時間がかかるということです。

愛犬のために愛情を込めてごはんを作るのは素晴らしいことですが、それが1年も5年も10年も毎日続くでしょうか?

飼い主さんも疲れて仕事から帰ってくることもありますし、風邪だってひくことがあります。

「ドッグフードでもいい」という考えももっておかないと、飼い主さんがストレスを溜め込んでしまうことになりかねません。

もちろん、毎日作るわけじゃないという人が多いと思いますが、手作りごはんをメインであげていると、ドッグフードを食べなくなるという悩みもでてきますので、ドッグフードと手作りごはんのあげるバランスはきちんと考えておいた方がいいですよ。

それぞれのメリット、デメリットを見てきましたが、個人的にはドッグフードをメインで与えた方が良いと思います。

手間と時間もかからずに、きちんと犬に必要な栄養素が含まれていますので、確実に健康維持には役立つと言えるでしょう。

ドッグフードはどのぐらいの価格がいいの?

ここまでで、粗悪なドッグフードフードの危険性や外国産のフードの方が安全だということを書いてきましたが、実際ドッグフードを買うときにどれぐらいの価格のものが良いのでしょうか?

正直なところ、ドッグフードを価格で選ぶのはあまり印象が良くないですが、良質な原材料、適正成分値、安全性などを考えるとどうしても価格は高くなってしまいます。

当サイトのおすすめドッグフードランキングで上位にランクインしているフード達は、価格が3000~4000円代のものが多く、今までスーパーやホームセンターなどで市販のドッグフードを購入していた飼い主さんにとっては「高すぎる・・・」と思うでしょう。

しかし、下の図を見て下さい。

1ヶ月間のペットに関連する支出額

1ヶ月間のペットに関連する支出額を表したグラフですが、ドッグフードにかける平均支出金額は「¥3,056」となっています。

つまり、多くの愛犬家は市販で売られている500円~1000円ほどで購入できるドッグフードではなく、高品質なドッグフードを選んでいるということが分かります

3,000円以上で購入できるドッグフードは、ほとんどが「ヒューマングレード」「グレインフリー」「人工添加物不使用」のスペックを満たしているため安全性も高く、アレルギーや病気のリスクを下げることができます。

ドッグフードをケチって、体調不良や病気にかかってしまった場合、通院費や治療代、療法食代など結果的に倍以上の金額がかかってしまうことになるので、日頃から品質の良いドッグフードを食べさせておいた方がメリットが多いということです。

また、ドッグフードというのは犬にとっては「毎日食べるごはん」なわけですから、体に良い物を与えるというのが、飼い主さんの努めでもありますよね。

それぞれ家計のやりくりもあると思いますが、犬も家族の一員ですから、きちんと健康管理と栄養管理を考えたドッグフードを食べさせてあげましょう。

ドッグフードの適切な給餌量と回数

ドッグフードのスプーン

ドッグフードを与えるときに、パッケージ裏に書かれた給餌量を基準にあげているという人も多いと思います。

愛犬が標準体重ならその給餌量で問題ありませんが、肥満気味なワンちゃんや痩せすぎているワンちゃんの場合、パッケージ裏の給餌量に当てはめるのはNGです。

パッケージ裏の給餌量は標準体重のワンちゃんを基準に計算されているものなので、愛犬の成長具合によっては栄養過多や栄養不足になってしまうことが考えられるんですね。

ドッグフードの量というのは、犬が活動するうえで必要なエネルギーに直結するものなので、愛犬それぞれに適切な量を与えることがベストです。

子犬や成犬、シニア犬など成長段階によって給餌量や回数が違ってきますので、きちんと計算してあげるのが望ましいでしょう。

愛犬に適切な給餌量を知るためには、まず1日に必要なカロリーを知る必要があります。

1日に必要なカロリーは、

1日に必要なカロリー=安静時エネルギー量(RER)×ライフステージの係数

で求めることができます。

と言っても、安静時エネルギー量やライフステージの係数が何のことか分からないという人もいると思います。

安静時エネルギー量というのは簡単に言えば「基礎代謝量」のことで、ライフステージ係数というのは、年齢別の生活状況を元に計算し定められた数値のことです。

ライフステージの係数に関しては環境省が発行している「ペットフード・ガイドライン」にて公開されているので確認してみて下さい。

係数が確認できたら、次に安静時エネルギー量(RER)を求めなければなりません。

RERは、

安静時エネルギー量(RER)=70×体重の0.75乗

で計算します。

しかし計算が難しく、関数電卓がないとなかなか簡単には求められないため、3kg~80kgのワンちゃんのRERをお教えします。

▼安静時エネルギー量(RER)
kgkcalkgkcalkgkcal
316022711521,356
419825783551,413
523427829571,451
626830897601,509
730132942621,547
8333351,007651,602
9364371,050671,638
10394401,113701,694
12451421,155721,730
15534451,216751,784
17586471,257771,819
20662501,316801,872

となっています。

後は、上記の表を参考に1日に必要なカロリーの計算式に当てはめるだけです。

ただ、ここまで計算式を書いてきましたが、正直計算するのはめんどくさいですよね。

そんな人のために、1日の給餌量を簡単に計算できるサイトがいくつもありますので、そちらで計算するのがおすすめです。

ドッグフードの回数

ドッグフードを食べさせる回数ですが、注意して欲しいのはパッケージ裏に書かれている給餌量は1日の量であって1回の量ではないということです。

つまり、1日に2回あげる場合は、パッケージ裏の量の半分ということになります。

それをきちんと確認したうえで、適切な回数は、

月齢 回数/日
~3ヶ月 5回
4ヶ月~5ヶ月 4回
6ヶ月~成犬 2~3回

が一般的とされています。

成犬の場合は人間と同じように朝昼晩と3食与えますが、生後半年未満のワンちゃんは回数が多いです。

基本的には子犬は、消化器官が未発達のため1度に食べさせる量が多すぎると消化不良を引き起こしやすくなるため、1回の量を少な目に回数を多く与えるというのが良いでしょう。

また、成犬の場合でも良く食べるからといって、回数を極端に増やしたり、給餌量が多すぎると肥満に繋がる可能性がありますので、適切な給餌量と回数は守ってドッグフードをあげるようにしましょう

「ドッグフードは小粒がいい」は嘘・・・!?

ドッグフードを食べさせる際に、粒の形状を気にする飼い主さんも多いと思います。

丸い形や星型、また小粒、中粒、大粒とドッグフードによって形状は様々です。

その中でも特に、小粒にこだわってドッグフードを選んでいるという人も多いのではないでしょうか?

ドッグフードが小粒だと「食べやすくて消化が早い」「子犬にピッタリ」という印象があるかもしれませんが、一概に小粒が良いとは言い切れません

もちろん大粒や中粒に比べると消化が早いというメリットはありますが、小粒で一番怖いのは「粒をそのまま飲み込んでしまうこと」なんですね。

粒が小さいため、きちんと噛まずに飲み込んでしまうことは十分に考えられますし、特に早食いのワンちゃんはこの危険性がとても高くなります。

また、子犬だから小粒の方がいいという考えは間違っており、もし誤ってドッグフードを飲み込んでしまったら、成犬よりも消化能力が劣っているため、喉に詰まれせて吐き出したり、呼吸困難になってしまう危険性もあるんです。

ドッグフードというものは、色んな販売会社から、多種多様な商品が販売されていますが、別に子犬だから小粒が良いという決まりは定まっておらず、むしろ中粒の方が良いと考える飼い主さんもいるぐらいです。

さらに、子犬に限らず犬は牙が発達していることから、ドッグフードを上手に噛み砕いて食べることができるので、小粒にこだわりすぎる必要はありません。

もちろん、中粒や大粒を飲み込んでしまうという可能性はゼロではありませんが、ほとんどの場合は食べるときの勢いで喉に入ってしまうことが多いので、小粒よりも詰まらせるリスクは少なく、中粒や大粒の方が噛みやすいという場合もあります。

粒の大きさの平均
  • 小粒・・・5~8mm
  • 中粒・・・9~1.2mm
  • 大粒・・・1.3~1.5mm

当サイトのおすすめドッグフードランキングで上位にランクインしている商品は、だいたい8mm~1.2mmの粒の大きさのものが多いので、完全に小粒というわけでもなく、食べやすくちょうど良い大きさと言えるでしょう。

ドッグフードを食べない時の上手な与え方

犬にも個性や体質がありますから、ドッグフードをあまり食べてくれないということもあると思います。

人間と同じように食欲の波があったり、好みがあるので毎日きれいに食べてくれるというわけではありませんよね。

しかし、飼い主さんにとってはきちんとドッグフードを食べてくれないと「体調が悪いのか?」「何か病気にかかってるかも?」と心配になってしまいます。

そんなときは、普段のドッグフードの与え方にちょっとした工夫をしてあげることで食欲が増してちゃんと食べるようになることもあります、

そこでドッグフードの上手な与え方をご紹介したいと思います。

ドッグフードをふやかしてみる

いつものごはんの時間なのに、なぜか食欲がでないということは犬にもあります。

そんなときは、ドッグフードをお湯でふやかして柔らかくしてあげてみて下さい

単純に食べやすくなるので、ドッグフードがカリカリの状態よりも食べてくれる可能性は上がります。

よく、消化不良を防ぐためにドッグフードをふやかして食べさせてるという情報を耳にしますが、ふやかすことでドッグフードの香りが強くなり嗜好性が上がるというメリットもありますので、ドッグフードを食べないときは試してみる価値はあるでしょう。

ウェットフードと混ぜてみる

この方法はすでにやっているという愛犬家も多いと思います。

ウェットフードというのは、お肉やお魚などの食材をそのまま使用しているので嗜好性が高いの魅力ですよね。

なのでウェットフードを混ぜることで、普段のドッグフードの食いつきをアップさせることができます。

また、水分量も多いので、一緒に食べさせることでワンちゃんの水分不足を防ぐこともできるため一石二鳥と言えるでしょう。

ただ、注意してもらいたいのはこの方法を与えすぎると、嗜好性が高すぎてクセになってしまいドライフードだけでは食べなくなるということも起こりますので、本当に食欲がないときだけの特別な方法にして食べさせるのが良いでしょう。

ワンちゃんが好むドッグフードに買い替えてみる

ワンちゃんがドッグフードを食べなくなる原因として一番多いのが「食べ飽き」です。

人間と一緒で、毎日毎日同じ味のごはんを食べていては当然飽きてしまいますよね。

いくらペットといっても犬も動物ですから味覚というものはあります。

そんなときは、思い切ってドッグフードを買い替えてみるのをおすすめします。

ただ、せっかくドッグフードを変えたのに食べてくれなくては意味がないので、愛犬が好きな食材が使われたフードに変えてあげるのが良いでしょう。

また、食いつきの良さを求めるなら、メインの原材料が穀類ではなく、良質な生肉が使用されたドッグフードがベストです。

食欲がないということは、飽きに加えて体調不良に陥っている可能性も考えられるので、これを機に品質の高いドッグフードに買い替えることをおすすめしますよ。

このように、色々な工夫をすることでドッグフードをきちんと食べてくれるようになります。

ドッグフードというのは、愛犬にとって大事な大事な栄養源ですからしっかりと食べさせてあげましょう。

ドッグフードを食べなくなったときの詳しい対処法については「【効果抜群】ドッグフードを食べないときはこの方法がおすすめ」のページで解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ドッグフードとキャットフードの違い

犬を飼っている人はドッグフードを。猫を飼っている人はキャットフードを。というように、ペットによって食べさせるフードは違います。

犬と猫の両方を飼っている人も多いと思いますが「犬にキャットフードを食べさせても大丈夫?」と考えたことはありませんか?

基本的には犬も猫も肉食動物ですから、ドッグフードもキャットフードも肉類がメインで構成されているので、食べられないことはありません。

しかし、結論から言うと犬にキャットフードを食べさせるのはNGです。

なぜなら、キャットフードというものは猫の栄養や健康を考えて作られたフードなので、犬のことは考えられていません。

つまり、配合されている原材料や成分がドッグフードとキャットフードではまったく違うんですね。

そこで、ドッグフードとキャットフードの大きな違いを解説していきます。

原材料の違い

ドッグフードとキャットフードの原材料を見たときに、一見似ているように思えるかもしれませんが、ドッグフードは「肉類がメイン」キャットフードは「肉と魚がメイン」という構成になっているんです。

もちろん、ドッグフードにも魚類が入ったフードも存在しますが、猫の方がたんぱく質や脂肪分を多く必要とするため、 ドッグフードに比べて栄養価が高くなっています。

「栄養価が高いから良い」と思うかもしれませんが、犬がキャットフードを食べた場合、栄養過多になってしまうんですね。

では、なぜキャットフードの方が栄養価が高いのか?一番の理由はたんぱく質に含まれている「タウリン」が関係しています。

タウリンというのはアミノ酸の一種で、目の健康を維持したり、抗酸化作用をもっている成分ですが、猫はこのタウリンを体内で生成することができないんですね(犬と人間はできます)。

なので、タウリンをフードから摂取する必要があるためキャットフードの方がたんぱく質量が多く、栄養価が高い作りになっているんです。

もちろん、犬にとってもたんぱく質は必要な成分ですが、ドッグフードとキャットフードはこのような体の仕組みの違いをきちんと考えて作られているので、犬にはドッグフード、猫にはキャットフードときちんとそれぞれに合ったフードを食べさせましょう。

嗜好性の違い

ドッグフードに比べてキャットフードの方が栄養価が高いと説明しましたが、嗜好性の面でもキャットフードの方が高くなっています。

嗜好性とは簡単に言えば「動物が好んで食べるかどうかの指標」という意味ですが、たんぱく質の多さに加えて脂肪や塩分も多く含有されています。

そのため、キャットフードの方が濃い味になっているんですね。

もし犬にキャットフードを食べさせた場合美味しそうに食べるかもしれませんが、一度味を覚えてしまうとドッグフードには戻れなくなる可能性がありますので注意して下さい。

ドッグフードとキャットフードの違いを解説しましたが、猫の方が体内で生成できる栄養素が少なく、合成も苦手としているため、キャットフードの方が原材料や成分値が多いことが分かったと思います。

犬が誤ってキャットフードを食べてしまったという程度なら特に問題はありませんが、定期的にキャットフードを食べてしまうと、最初にも書いたように栄養過多になり、肥満の原因に繋がることも考えられます。

また最悪の場合「高血糖」「高脂血」になってしまい、高脂血症脂質代謝異常症糖尿病になってしまう危険性もありますので、犬にはちゃんとドッグフードを食べさせるようにしましょう。

間違いないドッグフードの買い方

犬を抱える女性の画像

ここまでで、ドッグフードの安全性や危険性、犬に必要な栄養素、フードの基本情報など細かく書いてきましたが、愛犬にとってどんなドッグフードが良いのか少しは分かってもらえたと思います。

そこで、愛犬の健康を気遣っているあなたに間違いないドッグフードの買い方を伝授したいと思いますが、結論からいうと、

市販のドッグフードではなく、通販で安く注文できるプレミアムドッグフードを購入することが一番おすすめです。

プレミアムドッグフードと聞くと、なんだか高そう・・というイメージを持っている人も多いと思いますが、1日の給餌量で計算すると、わずか130円前後で購入することができ、愛犬に必要なたんぱく質を素材そのままの原料で加工して作っているので、安価なドッグフードのように副産物や人工添加物が配合されている危険性もありません。

上記でも書いた「1ヶ月間のペットに関連する支出額を表したグラフ」を見ても分かるように、多くの愛犬家がドッグフードにかける平均額は3,056円と、きちんと品質の良いドッグフードを購入していることが分かります。

ドッグフードというのは、愛犬の大切な「毎日のごはん」なわけですから、ケチらずに良いものを与えてあげましょう。

また通販のメリットとして、流通にかかるコストを削減でき、生産工場から直輸入で届けられるので、品質が良いものを安く購入できるというメリットがあります。

スーパーやホームセンターで購入すると、重い荷物を家に持って帰るという苦労がありますが、通販だと買い物という観点からもラクができますよね。

さらにプレミアムドッグフードなら、生のチキンや生の魚を使用しているので、袋を開けた瞬間から食欲をそそる香りが漂い、何よりも愛犬に美味しいドッグフードを毎日あげることができますよ。

【まとめ】安心、安全なドッグフードを選ぼう

安心安全なドッグフードの画像

長々とドッグフードについて書きましたが、愛犬を元気で健康に育てるために「良いドッグフードをあげたい」というのはすべての飼い主さんが考えていることですよね。

品質が高く、安心安全なドッグフードがどういうものなのかまとめると、

  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用
  • 動物性たんぱく質が豊富
  • 副産物が使われていないもの
  • 4Dミートが使われていないもの
  • 国産よりも外国産がおすすめ
  • 市販よりも通販の方が品質の高いドッグフードが多い

ということです。

これらを満たしているドッグフードなら、アレルギーや病気のリスクを下げることができ、しっかりと愛犬の健康管理ができるでしょう。

「ヒューマングレード」「副産物、4Dミート不使用」ということからも、一番重要な動物性たんぱく質を新鮮な生肉から摂り入れることができるので、消化吸収率が良く、肉食動物の犬にとって食いつきの良さもかなり期待できます。

また、プレミアムフードの品質は野菜やハーブなども配合されて栄養バランスの良さが魅力なドッグフードでもあるため、高たんぱく質なだけでなく、食物繊維や糖質、また低カロリーという良さももっているので、飼い主にとって理想のドッグフードと言えます。

もちろん粗悪なドッグフードを食べても、まったく体調不良が起こらないワンちゃんもいるかもしれませんが、プレミアムフードを食べさせることは、ワンちゃんにとってデメリットはなくメリットしかないと言っても過言ではありませんので、愛犬とずっと一緒に暮らしていくためには、良質な食材が使われた安心安全なドッグフードを選ぶことが大切だということです。

Facebookも見てね