ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

ブルーバッファロー

商品画像

総合評価

(3.8/5)
添加物不使用
穀類の安全度
ヒューマングレード
肥満予防
アレルギー予防

>> 最高評価のフードも見る <<

ブルーバッファローを詳しく見る >>

ブルーバッファローは、高品質な動物性たんぱく質を主原料とし、野菜や果物をバランスよく配合した自然派ドッグフードです。

BLUE(ブルー)」の愛称で人気を集めており、安全性も高いことから全世界で愛用者の多いドッグフードですね。

もともとは「ブルーウィルダネス」というドッグフードだったのですが、メーカーが海外との取引を中止するという理由から、日本で購入することができなくなりました。

しかし、ブルーウェイルダネスは「伝説のドッグフード」と呼ばれるぐらい品質の良いフードだったため、残念がる飼い主さんが多く、新たに「ブルーバッファロー」という新商品として日本に再上陸したようです。

今回は、そんな人気の高いブルーバッファローの特徴や原材料、安全性などを調査したので紹介していきます。

ブルーバッファローの特徴

ブルーバッファローの特徴
ブルーバッファローの 1 番の特徴は、高品質な自然素材のみを使用して作られているということです。

原産国のアメリカでは、獣医師やブリーダーから「健康に必要な栄養分を与えることができる」と推奨されているほどスペックが高く、特に以下の 5 つの魅力をもっています。

ブルーバッファローの魅力

  • おいしくてタンパク質の豊富な骨抜き鶏肉
  • 栄養価を考慮した全粒穀物と野菜や果物
  • 鶏や家禽の副産物ミール不使用
  • コーン、小麦、大豆不使用
  • 合成着色料、合成香料、合成保存料不使用

実際に、原材料を見ると、第一原材料には鶏肉が使用され、その次にはチキンミールと動物性素材が続いています。

チキンミールに引っかかる飼い主さんもいるかと思いますが、副産物やミールは不使用と公言しているため、4Dミートの可能性は低く、良質な乾燥チキンのことなので安心してください。

また、穀類の使用はありますが、食物繊維が豊富でおなかにやさしい「玄米」や「大麦」なので、グルテンフリーのスペックをもっており、消化不良やアレルギーのリスクも極めて低いといえるでしょう。

そして、なによりもブルバッファローには「さつまいも」や「人参」「ブルベリー」「クランベリー」「ほうれん草」など、野菜と果物がたっぷりと入っています。

動物性原料の質もいいですが、非常に栄養価の高いドッグフードとなっているので、獣医師やブリーダーが推奨しているのが納得できますね。

ブルーバッファローの「ライフソースビッツ」とは?

ブルーバッファローの「ライフソースビッツ」とは?
ブルーバッファローの品質のよさがわかったと思いますが、粒にも独自の特徴をもっています。

通常のベースキブルという粒に加えて、「ライフソースビッツ」という焦げ茶色の粒の 2 種類が入っているんですね。

ブルーバッファローの原材料を見るとわかりますが、一般的なドッグフードよりも原材料の量が多く、この 2 種類の粒に振り分けて配合されているようです。

鶏肉やチキンミールなどの動物性原料は、通常のベースキブルに配合されており、果物や野菜、ビタミン、ミネラルなどは主にライフソースビッツに含まれています。

しかも、このライフソースビッツは「コールドプロセス製法」と方法で作られており、原材料の加熱調理工程を最小限に抑えて製造されています。

ビタミンやミネラル、抗酸化栄養素は、高温で加熱することで栄養が逃げてしまうため、あえて低温加工をすることで野菜や果物に含まれる栄養素を凝縮して配合しているんですね。

そのため、ライフソースビッツは通常の粒とは別々に製造されており、職人が 1 粒 1 粒手間をかけて作っているドッグフードだということがわかりますね。

ブルーバッファローは療法食も人気

ブルーバッファローは療法食も人気
今回紹介しているブルーバッファローは、成犬用として 1 番人気がある総合栄養食「ライフプロテクション・フォーミュラ チキン&玄米レシピ 成犬用」ですが、そのほかにも「子犬用」「小型犬用」「高齢犬用」「大型犬用」「体重管理」などに対応したドッグフードが販売されています。

また、ブルーバッファローには「ナチュラルベタリナリーダイエット」という療法食も存在しており、むしろこちらの療法食のほうが人気があるといっても過言ではありません。

「消化器サポート」「食物アレルギーケア」「体重&尿路ケア」「腎臓サポート」と 4 種類が販売されていて、犬特有の悩みをサポートしてくれるドッグフードとなっています。

▼ブルーバッファローの療法食
種類 特徴
ブルーバッファロー GI 消化器サポート
ブルーバッファロー HF 食物アレルギーケア
ブルーバッファロー WU 体重&尿路ケア
ブルーバッファロー KS 腎臓サポート

4 つの療法食とも「骨抜きチキン」や「加水分解サーモン」などの動物性原料がメインとなっていて、療法食としての質もかなり高いといえます。

もちろん「グルテンフリー」「人工添加物不使用」のスペックをもっているので安全性も優れていますよ。

ただ、どのフードも「獣医師専用の療法食」となっており、獣医師の診察と診断がなければ購入することはできません

もし、ブルーバッファローの療法食を食べさせたい場合は、取り扱いのある病院で診察を受ける必要がありますので、手に入れるのはなかなか難しいかもしれませんね。

ブルーバッファローの評判

それでは、1 番気になるブルーバッファローの評判を紹介したいと思います。

ブルーバッファローは、外国産のドッグフードの中でもかなり人気のある商品ですから、当然 amazon と楽天でも販売されており、商品レビューも多数書き込まれています。

特に amazon では 51 件もの投稿があって「★ 4.3」の高評価を獲得しています。

そこで、投稿されたレビューを参考に、ブルーバッファローの良い評判と悪い評判をまとめてみました。

ブルーバッファローの良い評判

シーズー犬4歳、色々と試しましたが、こちらをすごく気に入ってイヤイヤがありません。リピートです!
美味しそうに食べてくれますので嬉しいです♪
amazon

これにしてから、残さず食べるので良かったです。
楽天市場

好き嫌いが激しいので困っていましたが、これだけは何故かよく食べてくれます\(^o^)/
amazon

良い評判については、圧倒的に「よく食べてくれる」という投稿が多かったです。

やはり、高品質な動物性原材料に、野菜や果物が配合といった非常にバランスのいいフードなので、犬にとってもおいしいドッグフードということですね。

ブルーバッファローの悪い評判

他社品の食べ方が悪くなってきたので買ってみましたが、今までのやつのほうがよかったようです
amazon

悪い評判はあまりありませんでしたが、好き嫌いはハッキリわかれるドッグフードのようですね。

確かに、犬も人間と同じように好みがあり、フードの質とは関係なく食いつきが悪いということはどんなドッグフードにもあることなので、ブルバッファローを食べてくれないときは、以前のフードに戻してもいいかもしれません。

また、ブルーバッファローにはチキンがメインのものと、ラムがメインのものが販売されているので、味を変えてみるというのもアリだと思いますよ。

ブルーバッファローの最安値は?公式・amazon・楽天で価格を比較

公式サイト amazon 楽天
ブルーバッファローの公式サイト amazon 楽天
通常価格 1,879 円 1,878 円
定期価格
送料 400 円 680 円

ブルーバッファローの最安値を調べたところ、amazon での購入がおすすめです。

900 gの価格で、商品自体は楽天のほうが 1 円安いですが、送料が 680 円するため、合計価格は amazon のほうが安いということになります。

また、公式サイトには商品情報は載っていますが、価格は掲載されていないため不明です。

少しでも安くブルーバッファローを買いたい人は、amazon で購入するのがいいでしょう。

ブルーバッファローの安全性

ブルーバッファローは、「副産物不使用」「グルテンフリー」「人工添加物不使用」のスペックをもっているため、安全性に問題はありません

そもそものコンセプトとして「高品質な自然素材で作ったドッグフード」を掲げているので、安心して愛犬に食べさせることができますよ。

成分値についても気になる点はなく、AAFCO の基準もすべて満たしているので、毎日のごはんとして健康維持に役立つドッグフードといえますよ。

ブルーバッファローを詳しく見る >>

ブルーバッファローの口コミ

口コミは 2 件です。

  1. 健康に良さそう より:

    かなり食いつきいいです。
    お肉の割合が多いという噂を聞いていましたが、そんなことはなくとてもバランスがいいフードだと思います。
    ちゃんとお野菜も摂ることができるので、本当に健康に良さそう。

    Rating: 5
  2. ラムは食いつき悪い より:

    子犬用のラムをあげてます・・・が、あまり食べてくれません。
    ブルーってチキンのほうが主流みたいなので、チキンを試してみようと思ってます。

    Rating: 2

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。

※コメントは管理人の承認後反映されますので、お時間がかかる場合がございます。
また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブルーバッファローを詳しく見る >>

ブルーバッファローの基本情報

販売元 ブルーバッファロー・ジャパン株式会社
容量/価格 900 g / 1879 円(税込)
定期価格 なし
原産国 アメリカ
メイン食材 骨抜き鶏肉
原材料 骨抜き鶏肉、チキンミール、玄米、大麦、オートミール、鶏脂 (混合トコフェロールにて酸化防止)、トマトポマス、エンドウマメ、亜麻仁 (オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源)、チキンエキス、馬鈴薯、アルファルファミール、馬鈴薯でんぷん、乾燥チコリ根、サツマイモ、人参、ガーリック、ユッカ抽出物、パセリ、ケルプ、ブルーベリー、クランベリー、リンゴ、ほうれん草、ブラックベリー、ザクロ、カボチャ、大麦若葉、ターメリック、グルコサミン塩酸塩、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、アミノ酸類 (DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン) 、ミネラル類 (炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム) 、ビタミン類 (塩化コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ニコチン酸、パントテン酸カルシウム、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、ベータカロテン、葉酸) 、カラメル色素、酸化防止剤 (混合トコフェロール、ローズマリー抽出物)
成分分析値 たんぱく質 24.0 %以上、脂質 14.0 %以上、粗繊維 5.0 %以下、水分 10.0 %以下、灰分 7.0 %以下、カルシウム 1.0 %以上、リン 0.7 %以上、オメガ-3脂肪酸 0.5 %以上、オメガ-6脂肪酸 3.0 %以上、グルコサミン 400 mg / kg以上、代謝エネルギー 363 kcal / 100g
対応年齢 全犬種、成犬用
ブルーバッファローを詳しく見る >>

当サイトのイチ押しドッグフード

『ドッグフードリサーチャー』がおすすめするイチ押しのドッグフード「UMAKA(美味華)」。

水炊きの名店「博多華味鳥」が作った、まさにヒューマングレードのドッグフードです。

実際に水炊きで食べられている最高級の銘柄鶏をメインに使用し、そのほかの食材も安心・安全な国産素材で作られています。

また、お腹にやさしい「青玄米」や、腸内環境を整えてくれる「ビフィズス菌」「オリゴ糖」も配合されているので、愛犬の健康維持に最高のドッグフードとなっています。

UMAKAはこんなワンちゃんにおすすめ
  • 良質なたんぱく質でしっかり栄養を摂りたいワンちゃん
  • アレルギーケアをしたいワンちゃん
  • 下痢や便秘で悩んでいるワンちゃん
  • ダイエットやデトックスをしたいワンちゃん
  • 健康な足腰を手に入れたいワンちゃん
  • 安心・安全なフードを食べたいワンちゃん
お得に購入するならコチラ >

Facebookも見てね