ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

ティンバーウルフ

商品画像

総合評価

(3.7/5)
添加物不使用
穀類の安全度
ヒューマングレード
肥満予防
アレルギー予防

>> 最高評価のフードも見る <<

ティンバーウルフを詳しく見る >>

力強いオオカミの写真が印象的なティンバーウルフ。

犬の祖先がオオカミだったということを訴えかけるようなデザインになってますが、このティンバーウルフはまさに肉食動物である犬のために作られたドッグフードといえます。

そのため、一般的なドッグフードよりも動物性たんぱく質が数倍も多く含有されており、より野生の食事に近い作りになっていますね。

ティンバーウルフは 1995 年から野生の犬たちの自然界における食事を研究していて、それを再現したドッグフードとして原産国のアメリカでかなり有名な商品です。

野性味あふれるコンセプトから、日本でも支持している飼い主さんが多く、公式サイトや通販サイトである amazon や楽天市場などでも在庫切れが続出しているほど人気のドッグフードですね。

ティンバーウルフのパッケージだけを見ると、大型犬用のドッグフードと思ってしまうかもしれませんが、小型犬にも適した全年齢対応のフードなっており、野生の食事を意識して作られた食事といっても、きちんと今のワンちゃんたちに適合したドッグフードなので安心してください。

今回は、そんなティンバーウルフの特徴や原材料、安全性などを紹介していきます。

ティンバーウルフの特徴

ティンバーウルフの特徴として 1 番に挙げられることは、高品質な自然原料がかなり豊富に使われているということです。

当サイトで紹介しているドッグフードの中でも原材料の種類は多いほうに入りますね。

今回紹介しているティンバーウルフは、オメガ3の「DHA」「EPA」を摂り入れることができる「オーシャンブルー」というフードですが、第一原材料にはお魚のニシンが使われており、そのほかにも「サーモン」「白身魚」「海魚」と動物性原材料がたっぷりと使われています。

野菜類も「ニンニク」「ショウガ」「マンゴー」「ブルーベリー」「クランベリー」「ニンジン」「乾燥セロリ」「乾燥パセリ」「乾燥レタス」「乾燥クレソン」「乾燥ホウレン草」とかなりの量が使われているので、自然で育った食材がそのまま使われているドッグフードといえるでしょう。

また、ティンバーウルフの公式サイトを見てみると、これらの原材料の中には副産物は一切使用されておらず、動物のクチバシや羽根、爪などの 4 Dミートも入っていないと公言していますので、ドッグフードとしての品質も高いことがわかります。

そして、ティンバーウルフのパッケージを見ると「80 %」「20 %」「0 %」という数字が目につきますが、これは、原材料それぞれの含有量をあらわしたものになっていて、動物性原材料が 80 %、フルーツや野菜類が 20 %、穀類は 0 %という意味になります。

動物性原材料が全体の 80 %も占めているドッグフードですから、犬にとってもっとも必要なたんぱく質を十分に摂り入れることができるということです。

現に、成分分析値では粗たんぱく質が 34 %以上と非常に高い数値になっています。

これは、プレミアムフードで人気の「モグワン」や「カナガン」をも上回るたんぱく量なので、栄養価の高さもかなりのものといえるでしょう。

ティンバーウルフは愛犬の体質を考慮したドッグフード

ティンバーウルフには、

  • オーシャンブルー
  • ブラックフォレスト
  • ウィルダネスエルク
  • ワイルド&ナチュラル
  • ラム&アップル

と、5 種類のドッグフードが販売されていますが、愛犬の体質に合わせてそれぞれに違った特徴をもっています。

今回紹介しているオーシャンブルーは、お魚をベース作られていて、鶏肉やラム肉、馬肉など獣肉アレルギーをもっているワンちゃんに向けて作られたドッグフードとなっています。

そのほかの種類については以下のような特徴があります。

ティンバーウルフの特徴

  • ブラックフォレスト:低たんぱく低脂肪で肥満気味のワンちゃんにおすすめ
  • ウィルダネスエルク:たんぱく質制限がされていて、体重管理が必要なワンちゃんにおすすめ
  • ワイルド&ナチュラル:高たんぱく、低灰分、低繊維質で子犬におすすめ
  • ラム&アップル:ラム肉ベースで高たんぱく低脂肪

きちんとワンちゃんの体質を考えて作られているのがすごく評価できますね

そして、全商品に共通していることは「グレインフリー」「グルテンフリー」のスペックをもっていて、アレルギーへの配慮がされているということです。

最近では、玄米や大麦などといった水溶性の穀類ならワンちゃんも消化することができるといわれていますが、肉食動物の犬にとって穀類が入っていないほうが安心できるという飼い主さんも多いので、ティンバーウルフは安全なドッグフードとしても信頼できますよ。

ティンバーウルフに配合されている「海魚」とは?

ティンバーウルフの特徴や種類について紹介してきましたが、原材料の中に「海魚」という正体不明のものが入っていますね。

海のお魚ということはわかりますが、一体どんな魚なのかよくわからないため調べてみました。

そもそも海魚というのは、「近海魚」「遠海魚」「深海魚」をあらわす総称で、カツオ、サンマ、サバ、タイ、ブリ、イワシ、アジなどが海魚にあたります。

どれも人間が食べることができる安全な魚ですが、ティンバーウルフはこの海魚がなんの魚なのか明らかにされていません

幸いワンちゃんも食べることができるお魚なので、危険というわけではありませんが、ドッグフードとしての品質が高い分、あいまいな表現をしている点が残念ですね。

ティンバーウルフの安全性

最後にティンバーウルフの安全性についてですが、「グレインフリー」「人工添加物不使用」「ヒューマングレード」のスペックをもっているドッグフードのため、安全性に問題はないでしょう。

総合栄養食として AAFCO の基準も満たしていますし、危険と思われる原材料も使われていないので安心して愛犬に食べさせることができますよ。

ただ、唯一懸念点を挙げるとすれば、たんぱく量が 34 %と高すぎることです。

前述したように、犬にとってたんぱく質は 1 番重要な栄養素なので、きちんと補給できるのはいいのですが、あまりにも過剰摂取をしてしまうと、腎臓に負担がかかり腎不全を起こしてしまう可能性があります

腎臓というのは、食事から摂った栄養を必要なものと不必要なものに分解し、必要なものは体に吸収して、不必要なものは尿として体外へ排出する役目をもっています。

しかし、あまりにも高たんぱくなフードを食べ過ぎると、腎臓機能が低下し栄養の分解がうまくできなくなります。

つまり、老廃物がどんどん体内に溜まってしまうことになるので、尿として排出することができず、体内で結石として固まり、尿路結石を引き起こす原因にもつながります。

特に、シニア犬などは加齢に伴って腎臓機能が低下していることも考えられるので、低たんぱくフードを食べさせたほうがよいといわれていますよね。

健康で元気なワンちゃんが高たんぱくなティンバーウルフを食べる分には特に問題はありませんが、腎不全や尿路結石が心配という飼い主さんは、ティンバーウルフの中でも低たんぱくフードとして販売されている「ブラックフォレスト」や「ウィルダネスエルク」を食べさせるのがよいでしょう。

ティンバーウルフを詳しく見る >>

ティンバーウルフの口コミ

口コミは 1 件です。

  1. 気に入っています より:

    たんぱく質や脂肪のバランスはカナガンと似ている感じがします。
    ただ、ティンバーウルフは魚主体のものが多いので、その辺は違うかと。
    パッケージの印象どおり、ガツガツ食いついてくれるので気に入っています。

    Rating: 4

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。

※コメントは管理人の承認後反映されますので、お時間がかかる場合がございます。
また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ティンバーウルフを詳しく見る >>

ティンバーウルフの基本情報

販売元 株式会社フロントベル
容量/価格 1.36kg / 2800 円(税抜)
定期価格 なし
原産国 アメリカ
メイン食材 ニシン
原材料 ニシン、サーモン、乾燥サーモン、ヒヨコマメ、海魚、乾燥白身魚、サツマイモ、オリーブオイル、サーモンオイル、乾燥ケルプ、乾燥出芽酵母、ニシンオイル、乾燥アルファルファミール、タイム、アニス種子、コロハ、ニンニク、ショウガ、マンゴー、ブルーベリー、クランベリー、ニンジン、乾燥セロリ、乾燥パセリ、乾燥レタス、乾燥クレソン、乾燥ホウレン草、レシチン、塩化コリン、ミネラル[アミノ酸亜鉛複合体、アミノ酸鉄複合体、アミノ酸マンガン複合体、パントテン酸カルシウム、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム]、ビタミン[ビタミンEサプリメント、ビタミンB12サプリメント、ビタミンAアセテート、ナイアシン(ビタミンB3源)、ビタミンD3サプリメント、リボフラビン(ビタミンB2源)、葉酸、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6源)、塩酸チアミン(ビタミンB1源)、ビオチン(ビタミンB7源)、クエン酸(ビタミンC源)、混合トコフェロール(ビタミンE源と天然保存料) ]、プレバイオティクス[チコリー根(イヌリン)]、プロバイオティクス[乾燥ラクトバシラスアシドフィルス菌、乾燥ラクトバシラスカゼイ菌、乾燥ラクトバシラス乳酸菌、乾燥バシラスサブチルス菌]、パパイン、ユッカシジゲラ抽出物、βカロチン、フラクトオリゴ糖、タウリン、L-カルニチン、DL-メチオニン、レモンジュース、ローズマリー抽出物(天然保存料)
成分分析値 粗タンパク質34%以上、粗脂肪16%以上、粗繊維質4%以下、粗灰分7%以下、水分9%以下、カロリー406kcal
対応年齢 全犬種、全年齢対応
ティンバーウルフを詳しく見る >>

当サイトのイチ押しドッグフード

『ドッグフードリサーチャー』がおすすめするイチ押しのドッグフード「UMAKA(美味華)」。

水炊きの名店「博多華味鳥」が作った、まさにヒューマングレードのドッグフードです。

実際に水炊きで食べられている最高級の銘柄鶏をメインに使用し、そのほかの食材も安心・安全な国産素材で作られています。

また、お腹にやさしい「青玄米」や、腸内環境を整えてくれる「ビフィズス菌」「オリゴ糖」も配合されているので、愛犬の健康維持に最高のドッグフードとなっています。

UMAKAはこんなワンちゃんにおすすめ
  • 良質なたんぱく質でしっかり栄養を摂りたいワンちゃん
  • アレルギーケアをしたいワンちゃん
  • 下痢や便秘で悩んでいるワンちゃん
  • ダイエットやデトックスをしたいワンちゃん
  • 健康な足腰を手に入れたいワンちゃん
  • 安心・安全なフードを食べたいワンちゃん
お得に購入するならコチラ >

Facebookも見てね