ドッグフードリサーチャー
ドッグフードリサーチャー

ペディグリー

商品画像

総合評価

(1/5)
添加物不使用
穀類の安全度
ヒューマングレード
肥満予防
アレルギー予防

>> 最高評価のフードも見る <<

ペディグリーを詳しく見る >>

ペディグリーと言えば、TVCMもバンバン放送されていて、もはや犬を飼っていない人でも知っているほど有名なドッグフードですね。

販売元は「ロイヤルカナン」や「ニュートロ」「カルカン」なども取り扱っている「MARS」という会社で、世界49ヵ国で27ものペットブランドをもっている大手の会社です。

日本でも市販のドッグフードとして古くから販売されており、スーパーやホームセンターに行けば大抵は置いてある商品なので、そのお手頃感も人気の理由です。

ペディグリーには子犬用からシニア犬用まで幅広い種類があり、味も愛犬の好みに合わせて調節ができるようにビーフを使ったものからチキンまで豊富に販売されています

そこで、今回はペディグリーの中でも一番オーソドックスな「成犬用チキン&緑黄色野菜入り」の特徴や原材料、安全性などを解説していきます。

ペディグリーの特徴

ペディグリーはもともと「栄養バランスの良さ」と「おいしさ」の2つを兼ね備えたドッグフードで、公式サイトによると、

  • 消化吸収の健康維持
  • 毛づや・皮膚の健康
  • お口の健康
  • 免疫力維持サポート

の4つの特徴をもっていると書かれていますね。

しかしペディグリーに使用されている原材料を見ると、アレルギーのリスクが高まる「穀類」をメインに使い、肉類も「チキン加水分解物」という鶏肉に含まれるたんぱく質を分解して作られた調味料を配合しているので、良質な食材を使用しているとは思えない作りになっています。

また、当サイトで紹介している「愛犬元気」と同じように、原材料の記載が「〇〇等」といったように省略して書かれています

これではドッグフードに何が使われているのか分からず、危険な原材料が配合してあると思ってしまっても仕方ありませんよね。

そもそも、穀類がメインで使われている以上「消化吸収の健康維持」が他のドッグフードよりも優れているとは到底思えないですし、使われている肉類も生肉じゃないので犬の成長に必要なたんぱく質が十分に摂取できるか疑問に残ります。

最初にも書いたようにペディグリーは、愛犬の年齢や好みの味に応じてさまざまな種類があるという魅力はありますが、ドッグフードの品質としてはあまり良いとは言えないでしょう。

ペディグリーの安全性

残念ながらペディグリーは「着色料」「酸化防止剤」といった添加物が入っています。

特にペディグリーに使われている酸化防止剤は「BHA」「BHT」というガソリンや石油用などに使われる極めて危険な酸化剤が使用されていますね。

日本では1954年頃から食品添加物として使用されるようになり、ペットフード安全法の定める一定基準内であれば使用が認められている酸化防止剤なのですが、ガソリンや石油などに使われている添加物をドッグフードにも使用するなんて怖すぎますよね。

しかも動物実験では「発がん性」「歩行障害」「呼吸困難」「消化器官の出血」「肝臓のうっ血」などの危険性があると懸念されている添加物なので、安全とは言い難いものが配合されています。

結局ペディグリーはどうなの?

原材料の観点からペディグリーの品質や安全性を解説しましたが、愛犬の健康維持、栄養管理をするドッグフードとしてはあまりおすすめできないと言えます。

最近のドッグフードには「添加物不使用」「グレインフリー」「ヒューマングレード」の品品質をもった商品がたくさん販売されており、それらと比べるとペディグリーの品質はどうしても劣っていますね。

愛犬を元気で健康に育てていくためには、栄養価が高く安全なドッグフードを食べさせることが大切と言えるでしょう。

ペディグリーを詳しく見る >>

ペディグリーの口コミ

口コミは 0 件です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。

※コメントは管理人の承認後反映されますので、お時間がかかる場合がございます。
また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペディグリーを詳しく見る >>

ペディグリーの基本情報

販売元 MARS
容量/価格 2.2kg / 680 円(税込)
定期価格 なし
原産国 タイ
メイン食材 穀類
原材料 穀類(とうもろこし、米等)、肉類(チキン加水分解物、チキン等)、油脂類(パーム油、大豆油、ひまわり油)、大豆、コプラフレーク、植物性タンパク、タンパク加水分解物、キシロース、野菜類(ほうれん草、にんじん、トマト)、グルコサミン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT)、pH調整剤
成分分析値 タンパク質18.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維4.0%以下、粗灰分8.0%以下、水分10.5%以下
対応年齢 成犬用(他年齢対応有)
ペディグリーを詳しく見る >>

当サイトのイチ押しドッグフード

『ドッグフードリサーチャー』がおすすめするイチ押しのドッグフード「UMAKA(美味華)」。

水炊きの名店「博多華味鳥」が作った、まさにヒューマングレードのドッグフードです。

実際に水炊きで食べられている最高級の銘柄鶏をメインに使用し、そのほかの食材も安心・安全な国産素材で作られています。

また、お腹にやさしい「青玄米」や、腸内環境を整えてくれる「ビフィズス菌」「オリゴ糖」も配合されているので、愛犬の健康維持に最高のドッグフードとなっています。

UMAKAはこんなワンちゃんにおすすめ
  • 良質なたんぱく質でしっかり栄養を摂りたいワンちゃん
  • アレルギーケアをしたいワンちゃん
  • 下痢や便秘で悩んでいるワンちゃん
  • ダイエットやデトックスをしたいワンちゃん
  • 健康な足腰を手に入れたいワンちゃん
  • 安心・安全なフードを食べたいワンちゃん
お得に購入するならコチラ >

Facebookも見てね